新着情報

一覧に戻る 本文印刷

2018年3月卒業式にて-同窓会会長からのご挨拶

2018年03月28日掲載

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。 保護者の皆さん、これでようやく肩の荷がおりましたね。おめでとうございます。卒業生の皆さんは、今日から同窓会の正会員、心から歓迎致します。

35年前、私も今の皆さんの様に、この礼拝堂で卒業式を迎えました。このキャンパスで多くを学び、親友を得て、辛かったけど失恋もし、それでも希望に胸を膨らませて卒業しました。その後、銀行に就職し、職場でICUの先輩と出会い、その人と結婚し、家族ができ、海外に暮らし、転職し、今でも現役で働いています。この間に色々なことがありましたが、今にして思うのは「ICUで本当に良かった」ということです。

ですが、卒業して最初の何年間かは、とてもその様には思えませんでした。「ICUの常識、世間の非常識」。はやる思いが人に通じない、何をやっても壁に打ち当たる、自分がICUで学んだことは何だったのだろう、と悩んだことも一度ではありません。

それがある試練を経て、ICUで学んだ事、経験した事が、どれだけ価値があることなのかに気付きました。30代半ばにロンドンに赴任、小さいけれどチームを任され、勇んで身の丈を超えた仕事を引受け、見事失敗しました。なんとか切り抜けようと必死にもがいている中で、自らの過ちを認める勇気、信頼できる仲間のありがたさ、枠に囚われない物の考え方の大切さに気付き、ICUで得たものを意識しました。リベラルアーツってそういう事なんだ! 嵐を乗り越えた時、「ICUで本当に良かった」と思いました。

これからICUを巣立ってゆく皆さんにも、いつかそんな時が来ると思います。それまでの間、今の気持ちを大切に、時には先輩や友人と呑んで語って、ICUで得た物を思い出してもらいたい。この小さな大学には、ビジネスや学究の世界だけでなく、国際協力やジャーナリズム、芸術・スポーツと、ありとあらゆる分野で活躍している同窓生がいます。それぞれの分野で独自の道を切り開いてきた方々です。そうした先輩と知り合い「ICUで本当に良かった」を共有できたら、なんと素晴らしいことではないでしょうか。

そのきっかけが得られるのが、同窓会です。

「狭き門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいってゆく者が多い。命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない。」(マタイによる福音書第7章13-14節)

同窓生を代表して、皆さんの未来にエールを送ります。

2018年3月23日

第18代同窓会会長 木越 純

新着情報

同窓会からの新着情報を掲載しています。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学