新着情報

一覧に戻る 本文印刷

コンボケーションアワー講演会:雨宮健(ICU2期生)スタンフォード大学名誉教授(4月13日)

2018年04月05日掲載


講演題目:ICU卒業後の歩み (My Life after ICU)
日時:2018年4月13日(金)12:45‐13:45
場所:ダイアログハウス2階国際会議室
言語:講演は日本語(質疑応答は英語も歓迎です)

ICU2期生(1954年ご入学)で、著名な計量経済学者の雨宮健(あめみやたけし)スタンフォード大学名誉教授が、学生・教職員のために講演をしてくださることになりました。どうぞ奮ってご参加ください。

プロフィール
雨宮 健(あめみやたけし)

東京都出身の経済学者。スタンフォード大学名誉教授。専門は計量経済学。 国際基督教大学卒業後渡米。アメリカン大学大学院修士課程、ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程を修了して経済学博士号取得。世界の主要経済学術雑誌への論文引用件数は約3000件を数え、これまでにノーベル経済学賞受賞に最も近づいた日本人と言われている。

ICU同窓会ホームページ「今を輝く同窓生たちのインタビュー」第1回より抜粋(一部改訂)

 

 


Lecture title: ICU卒業後の歩み (My Life after ICU)
Date and time: Friday, April 13, 2018   12:45-13:45
Place: International Conference Room, 2nd fl. Dialogue House
Language: Lecture in Japanese (Q&A in English is welcome)

 

An ICU graduate (entered CLA in 1954) and the noted econometrician, Dr. Takeshi Amemiya(雨宮健), Edward Ames Edmonds Professor of Economics, Emeritus of Stanford University will give a lecture during the convocation hour for ICU students, faculty and staff. We look forward for your participation.

 

Profile
TAKESHI AMEMIYA(雨宮健)

An economist born in Tokyo. Edward Ames Edmonds Professor of Economics, Emeritus of Stanford University. Field of specialization: Econometrics. After graduating from ICU, Dr. Amemiya received M.A. from American University, Washington, completed the doctoral program at John’s Hopkins University and received Ph.D in Economics. The number of citations of his works in the world’s major academic journals in economics counts over 3000. He is said to be the Japanese who reached closest to the Nobel Economics Prize.

Translated and partly amended from “Ima wo kagayaku dososei-tachi no interview (Shining Alumni Interview)”, ICU Alumni Association website.

新着情報

同窓会からの新着情報を掲載しています。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学