古屋 美耶子(FURUYA Miyako, 旧姓:氏家(UJIIE))様

ご卒業:13期、 1969年語学科
2013年11月ご逝去
次女 加藤絵麻さんのお申し出により掲載
心よりお悔やみ申し上げます。

 


このページは、ICU同窓会員の訃報をご遺族の承諾に基づいて掲載するものです。ご遺族の代理でご友人などが掲載のお申し出を行う場合には、必ずご遺族の承諾を得てからご連絡いただくようにお願い申し上げます。

訃報のご連絡については、こちらのフォーマットにご記入の上、ICU同窓会事務局(aaoffice@icualumni.com)までお送りください。

国際基督教大学献学60周年記念事業 第5回ICUメサイア演奏会のご案内

「ICUメサイア演奏会」は、2001年に大学献学50周年を記念して、卒業生を中心に第1回演奏会を行いました。その後、回を重ね、このたび、大学献学60周年記念事業の一つとして第5回演奏会を開催いたします。指揮者の長谷川朝雄氏とアルトソロの田辺いづみ氏は同窓生です。合唱は今回も卒業生を中心に、教職員の方々も参加してくださっています。

当日、客席とステージが共に大学献学60周年を祝う演奏会にしたいと願っています。どうぞ。ご来場ください。

日時: 2014年4月12日(土) 15:30開場、16:00開演

会場: 杉並公会堂 大ホール(荻窪)

指揮: 長谷川 朝雄(日本指揮者協会会員、元武蔵野音楽大学講師、ICU1期生、2007年DAY賞受賞)

ソリストソプラノ 星川 美保子   アルト 田辺 いづみ(26)
テノール 辻 裕久     バス キュウ・ウオン・ハン


管弦楽:
オラトリオ・シンフォニカJAPAN

合唱: ICUメサイア合唱団

チケット: 全席自由 前売り 3,500円、当日 4,000円

チケット申し込み、お問い合わせ:
「ICUメサイア」ホームページ http://araiza.sakura.ne.jp/icumessiah/
e+(イープラス)でもご購入いただけます。

主催: 国際基督教大学、国際基督教大学同窓会、ICUメサイア実行委員会、ICU OGC合唱団


文責:平田為代子(16)ICUメサイア実行委員長
ICU同窓会では、社会的に活躍し、大学および同窓会の魅力・知名度を高めることに貢献した方々を、毎年「DAY (Distinguished Alumni of the Year)」として表彰しています。9年目となる2014年のDAYには、下記の7名の方々が受賞されました。

表彰式は、2014年3月30日(日)午後から開催予定の桜祭りで行われます。また、秋に発行するアラムナイニュースに記事を掲載予定です。


丹波 望 様 (1期)

秋田しらかみ看護学院学院長、能代文化学院学院長、社会福祉法人鷹巣地の塩会理事長など、能代市を基盤にキリスト教精神に基づき、ICUでの学びを自ら「地の塩」となり実践。

栗山 昌子 様(3期)

日本の外交を「縁の下」で支えてこられた方。アジア婦人友好会理事長、東京家庭裁判所調停委員、エイズ予防団体理事として社会に貢献された。

土屋 隆一 様(7期)
卒業以来50年に亘りICU同窓会長はじめ、大学理事・評議員として、一貫して卒業生と大学を支援しその発展に寄与。学内外にICUの価値と魅力を知らしめる上で多大なる貢献をしている。

池 央耿 様(8期)
数十年翻訳者として古典、専門書、少年少女向け図書、ポピュラー図書など多くの分野にわたる百冊以上の翻訳書を出版し、高い評価を得ている。

池上 清子 様(19期)
国連難民高等弁務官事務所定住促進担当、国際家族計画連盟等を経て、外務省ODA評価有識者会議委員、内閣官房長官諮問機関アフガニスタンの女性支援に関する懇親会員などを歴任。

宮川 繁  様(19期)
マサチューセッツ工科大学(MIT)の言語学教授。言語学の分野では、論文50篇と著書3冊を出版。オンラインで講義を一般公開するオープンコースウェアの第一人者(MITで受賞)。

関 啓子 様(19期)
言語聴覚士。医学博士。神戸大学大学院保健学研究科客員教授。三鷹高次脳機能障害研究所所長。09年に脳梗塞を発症するも約10ケ月で現職復帰し、『「話せない」と言えるまで―言語聴覚士を襲った高次脳機能障害』を上梓。

以   上
ICU同窓会

12月4日、香港日本人倶楽部にて、アニュアルディナーを行いましたので、そのご報告です。今回のスピーカーは15期生香港からの元留学生William
Wongさん。ICUで空手部に入り、香港に戻ってからも続け、現在八段。在学時代の写真や日本の武道と中国の武術との違いなどについてなど示唆に富み面白いお話を、一同大変楽しく、拝聴しました。

大学紛争のころの図書館の前にフェンスが張り巡らされた写真では、若いアルムナイが「アンポって何?」と表情をしているのをみて、元留学生の大先輩がその時に時代背景を説明するというシーンも。

今回の参加者は66年卒業から07年卒業までの幅広い世代から26名。欧米からのOYRで現在、香港に居住している参加者が多いのも当支部の特徴です。クロスカルチャー、クロスジェネレーション、日本語と英語を自由に行き来する、楽しい夜でした。

文責:黒岩千賀(30)

第36回 ICU教育セミナーが2013年も8月1~2日に本部棟で行われました。ICU出身
の教育関係者を中心に、教育に関する学びと議論の場を作ることを目的として、
年に1回のセミナーが開かれています。

<前回(2013年度)セミナーの概要> 
総テーマ「教師の専門性を問い直す」
1.基調講演:「日本の教育に貢献した知られざる教師」(影山礼子氏)
2.討論: 「教師の専門性を問い直す~自らの体験を語る~」
3.研究発表:
 (1)「いじめへの対応」(加藤順子氏)
 (2)「生徒のモチベーションをいか に引き上げ、維持するか?」(田中武彦氏)
4.講演:「思い出のインクリ」(並木浩一氏)

第37回ICU教育セミナーを2014年8月4~5日に予定しています。

関心をお持ちの方は
町田健一(icueducationseminar☆gmail.com(☆を@に置き換えてください))
へご連絡ください。

文責:中山 滋樹(27)

ジャズ作曲家/オーケストラ・リーダーの13期、三木敏悟さんが率いる「インナーギャラクシー・オーケストラ」が22年ぶりにライブやります。
昨日、インナーギャラクシー・オーケストラの最終リハ、聞いてきました。
思えば、22年前、通訳兼ボウヤとしてノースシー・ジャズ・フェスティバル(オランダ・ハーグ)に行かないか、と三木さんから誘われて“巻き込まれた”のが「三木敏悟とインナーギャラクシー・オーケストラ」そして「楽演団☆五束六文」との“腐れ縁”の始まりでした。

22年前を彷彿とさせる“敏悟節”、中でも光るのが、リズムセクションとボーカルを担当する「五束六文」メンバーの急成長ぶり。
大分ジャズ臭くなってきた。来年の「五束六文」ライブも楽しみです。
復活「三木敏悟とインナーギャラクシー・オーケストラ」ライブは今週土曜日、秋葉原TokyoTUCです。
どうしても来れない人のために、私はインターネットライブ中継を実施します。
URLは 「http://www.ustream.tv/channel/onlineworkshop/
お楽しみください。

文責:菊池 正巳(16)

2013年11月9日の土曜日、お昼すぎから大学食堂でID83卒業生のリユニオンを開きました。初めてのリユニオンから5年が経過、ちょうど卒業30周年の節目にあたり、ご無沙汰している友人に会うよい機会になったと思います。地方や海外からの参加者も含めて107人が出席、北城理事長と日比谷学長をゲストにお招きし、和やかな雰囲気の中で歓談の輪が広がりました。
当日は、海外在住で欠席になるけれど話をしたい、という同期のために、スカイプで会場と同期の自宅をつなぎ、オンラインビデオチャットも敢行。FEPでシゴかれたボードマン先生も含め、海外3カ所から参加してもらいました。
二次会はアラムナイハウスへ移動。40人あまりが出席し、お開きになるころにはあたりはとっぷりと日が暮れていました。名残を惜しみつつ、家路につきました。

みなさん、次回までお元気で!

文責:佐柳智広、新村敏雄(27)

同窓会パリ支部の皆様、

パリもいよいよ冬支度になりクリスマス商戦と飾り付けで賑やかな師走を迎えています。皆様、年末恒例のインフルエンザなどにかからないようお身体に気をつけて楽しいクリスマス・大晦日・正月をお迎えください。

新旧世代が和やかに親交を深められるために楽しい新年会を企画しました。ふるってご参加ください。

日程

2014126日(日曜日)12時半から

場所 NEW JAWAD 
今回はインド・パキスタンのレストランです。広い店内の一角を借りて日曜の午後を楽しく過ごしましょう。

30 RUE DE LONGCHAMP 75116 Paris
TEL 01 4727 2414
最寄り駅IENA (メトロ9番線)

会費 一人35ユーロ(飲み物込み) 学生の方は30ユーロ なお乳幼児は無料、小学生は20ユーロ、

**********************************************************************************

参加・不参加の回答

遅くとも2014120日までにお願いします。

是非今から皆様の日程表にこの日程を書き加えてくださりますようお願い申し上げます。

準備委員及び共同幹事一同

同窓会ホームページを見て初めて参加される方は下記にご連絡ください。

パリ支部共同メールアドレス: icu-paris@hotmail.fr
或いは共同幹事の梨元まで:mnashimoto1950@gmail.com

文責:梨元 実(17)

教会ハンドベルクワイア ジョイフルリンガーズのチャリティコンサートを以下の通り開催いたします。

大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

時時  : 12/7(土)14:30~

場所 : チャペル

入場料 : 大人500円~   子供(小学生以上)100円~

入場料はあしなが育英会津波遺児支援プロジェクトおよび難病の子供とその家族の支援団体ファミリーハウスに全額寄付されます。

文責:西尾 朋代(22)

今回のスピーカーは

Mr. William Wong (ID 71 SS; ID73, GSPA)

テーマは
My ICU days in the late 60's and my
thoughts about Japanese culture and martial
arts

2013年12月5日(木) 19:00-

香港日本人倶楽部にて

参加のご連絡は、こちらまでよろしくお願いいたします。

icuhk@hotmail.com

文責:黒岩 千賀(30)

今回は小田原の近郊丘陵地帯を一日かけてゆっくりあるきます。小田原は城下町として発展してきたところですが、庶民の活動も活発で、梅干し、ミカンは関東最大の生産地、豊富な海産物と、かまぼこなどその加工品もよく知られています。また、周辺に広がる風光明媚な自然空間は多くの人々をひきつけてきました。ここに居を構えたり別荘を持った人は、北原白秋、益田孝、松永安左ヱ門、大倉喜八郎、伊藤博文など枚挙にいとまがありません。それらの邸園めぐりはまた別の機会にするとして、このたびの計画は、人々が生活する里山の諸相を観察したり、散在する寺社を見学したりしながら、しっかりあるくということを主眼としたものです。周囲の景観が疲れをいやしてくれるのではないか、という期待も勿論あります。ふるってご参加ください。

     記

 1.期日 2013年 11月23日(土) 雨天の場合は翌24(日)となります。

2.集合 JR東海道線・国府津駅、改札口を出たところに9:30にお集まりください。

3.コース 国府津駅―真楽寺―上ノ山農道―西山農道休憩所―五国峠碑―高山(246米)―見晴台(昼食)―六本松跡―澄禅窟―見晴らしコース―尾崎一雄文学碑

     ―別所梅林―JR御殿場線下曽我駅(コース終点・16:00着)

4.その他 昼食等は各自持参してください。

5.参加申し込み20(水)まで
    sangaku-kai-chapter@icualumni.com

文責:勝山京子(7)

さる11月2日、3日に行われたICU祭において同窓会が企画した「ICU写真コンテスト」の大賞が決定しました。

【コンテスト趣旨】
このコンテストは、「献学60周年を迎えた今、ICUの魅力をよく表現する写真を選ぼう」という目的のもと、広く募集しました。

【選考】
まず、ご応募頂いた中から十作品を候補作として選び、ICU祭期間中にアラムナイハウスに起こし頂いた方々に投票頂きました。

【受賞結果】
■大賞
荒井由佳里さん(教養学部4年)


【荒井さんのコメント】

・今回のコンテストはどこで知りましたか
「イヤーブック委員会に所属しており、委員長からのコンテストの案内で知りました」

・受賞された感想はいかがですか
「まず、このような素晴らしい賞をいただけたことに感謝いたします。そして、他の素敵な作品と一緒に、ICUの新しい魅力を伝えることができたことを、とても嬉しく思います。春の桜並木だけではなく、この大学は1年を通して魅力が溢れていることを、多くの方に知っていただければと願っています」

・受賞作はどんなシチュェーションで、どんなカメラで撮ったものですか
「秋学期最後の週の早朝にとったものです。1年生から愛用している一眼レフカメラをもって、静かな学内を散歩していました。ICU祭が終わり、何か喪失感のようなものを感じていましたが、学内のいたるところで目にする様々な木々の紅葉と真っ青な空に、心がすーっと晴れていったのを覚えています」

・ふだんはどんな時に写真を撮っていますか
「イヤーブック委員として、普段は主に学内で写真を撮っています。風景、人、両方好きです。卒業まであと少しなので、できるだけたくさんの思い出を撮りたいと思っています」

・同窓会に期待することがあれば教えて頂けますか
「これからもICUの魅力を、内外問わず、たくさんの方に伝えていっていただきたいです」

文責:堀龍太(48) 同窓会2013ICU祭実行委員長