メジャー&キャリア

一覧に戻る 本文印刷

南山さん 1回目

 

■プロフィール

2003年に社会科学科・経済学専攻で卒業。卒業後に地方公務員試験を受験し、習志野市役所にて勤務開始。まちづくり推進課、市民協働推進課を経て、現在(2013年)は秘書課にて勤務。


聞き手:櫛田さん(3年生)、梅原さん(2年生)

 

<第一回:きっかけは、スペインで読んだ日経新聞>

櫛田

スペインにいらっしゃったということですが、いつ頃ですか?

南山

小学校5年生から中学校2年の4年間いました。

戻ってきてからは1年間インターナショナルスクールに通って、ICU高校には9月生として入学しました。

櫛田

どうしてICU高校に入学されたのですか?

南山

帰国子女を受け入れる高校が当時あまりなくて、日本に帰ってきてから、ICU高校に相談しに行ったんです。

元々は日本に戻るのは非常に抵抗があったんです。でもICU高校を見てみたら、楽しそうというか、帰国生でも受け入れられる土壌があるのかなと思って、ICU高校しか受けませんでした。

櫛田

ICU高校1本で。

南山

そうですね、だから落ちたら高校浪人(笑)

南山

大学もICUを受験しようと最初から思われていたのですか?

他にも国際系の大学はいっぱいあると思いますが……

南山

ICUには推薦入学で入りました。

当時、私の友人たちが考えていた大学、慶応か上智かICUという感じで、今と比べると国際系の大学はあまり多くなかったんです。

私はICUの雰囲気がとても好きだったので、ICU以外の大学に行く事は、正直あまり考えませんでしたね。

ICUの雰囲気というか、みんなが持っている価値観、そういう部分が好きでした。推薦で行けるのだったら行こうと思って、なんとか滑り込みました(笑)

梅原

ICUの雰囲気・価値観というのは具体的にどういうところに惹かれたんですか?

南山

みんな誰でも受け入れるというか、こうあるべきだっていうものがないところがICUの雰囲気、一番いいところだと思いますね。

梅原

違っても認めて。

南山

そうですね。皆同じものがなくても皆別に気にしないというか。“関係ない”っていう訳ではないんですけど。

櫛田

その人の道を尊重するというか。

南山

そうですね。

櫛田

実際ICUに入られてみてどうでしたか?イメージ通りでしたか?

南山

イメージ……、嫌な思い出ってあまりないんですよ。

楽しくて、帰国生じゃない人でも色んな価値観を持った人がたくさんいて、それをみんな普通に受け入れていて。

今もセクションってあるんですか?

梅原

はい、あります。

南山

セクションでみんなで英語を勉強して、ばか山の雰囲気が一番良かったな。

1年2年が一番楽しかった気がしますね。何が良かったんだろう‥。

でもたぶんICU生の皆が思っていることと同じことだと思いますよ。独特の雰囲気というか。

櫛田

メジャーは経済学を選ばれたのですね。どうしてですか?

南山

スペインにいた頃にさかのぼるんですが、当時って日本語の情報が全くないんですよ。

今みたいにインターネットも何もない。なので、日本語の活字が欲しかったんです。

その時に、父親が送ってくれていたのが日経新聞だったんですね。

梅原

小学校時代に日経新聞読んでいらっしゃったのですか!?

南山

そうですね(笑)。

日本は、そのころバブル経済の真っ只中から、終わるくらいでしたから、帰ってくるたびに日本が変わっているんです。

私が住んでいるマンションの郵便受けに“部屋買います”っていうチラシが朝に空にしても、夕方になるといっぱいになってたりだとか。田舎のおじいちゃんおばあちゃんのところに帰ると、お小遣いをたくさんくれたりだとか。だから、「何なんだろうな、日本という国は」っていうのを日経新聞を通して外から見ていました。

櫛田

そうだったんですかー。

南山

ですから、日本を経済学っていう視点から見ていたのかなっていうのが一番大きかったと思います。

だから、一番身近だったというのと、好きだったというので経済学を選びました。

大学の入試を受けていないことからも分かるとおり、あまり深くは考えずに、自分が好きなものを取っていった選択の結果だと思いますけど。

櫛田

1年生のときから経済を専攻したい、と?

南山

そうですね。

どのあたりが自分は好きなのかと思って経済学と経営学入門をとってみたんですけど、経営学はあまり自分には向いていないと思いました。そこで、専攻はマクロ経済学にしました。

櫛田

マクロ経済学を学ばれて、学生時代、将来どういう仕事をしたいかというのは決まっていましたか?

南山

いや、決まっていなかったですね。

なので、「自分が好きだからマクロ経済学をとっていた」、という意味で、メジャーっていうのは自分が将来どういう仕事をしたいのかとは全然別モノだと思っていました。

メジャーと絡めようという発想はありませんでしたね。

次へ

<感想は majorandcareer★gmail.com まで>
★を@に置き替えて下さい

もくじ

第一回 きっかけは、スペインで読んだ日経新聞

第二回 “人の顔が見える”仕事がしたい

第三回 公務員という仕事と、まちを歩くこと

第四回 アベノミクスを、おばちゃんに伝える



メジャー&キャリア

メジャーとキャリアの関係性について、現役ICU生が同窓生にインタビューしました。
同窓会とICUアカデミックプランニング・センターの共同企画です。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学