• ご案内
  • 報告

ご案内トップへ ご案内一覧へ戻る 本文印刷

第14回 ICU医療関係者の会 交流会 &勉強会のご案内(3月2日)

2014年01月06日掲載

ICU 医療関係者の会、代表の佃 隆です。さて、毎年の恒例行事となりました、ICU医療関係者の会 交流会& 勉強会について、下記にご案内致します。毎年、業種を超えて30名を超える方々のご参加を頂いております。「ICU に在学経験がある」という『絆』をもとに、有意義な交流の場となれば幸いです。ご多忙中とは存じますが、是非とも御参加いただきたくご案内申し上げます。

注)今回より、申込みはフォームにご入力いただけますよう、お願いします。会員のみなさま向けにアンケートもありますので、参加、不参加、未定に限らずいずれの場合もご記入いただけますようお願いします。

下記フォームにご記入ください。
↓     ↓     ↓
http://ws.formzu.net/fgen/S76711906/

↑     ↑     ↑

● 日時:2014年3月2日(日)14:00~18:00

● 場所:ICU アラムナイハウス(ICU内、東京都三鷹市大沢3-10-2)

● 会費:一 般 3,000円 学 生 1,000円
(ご家族連れも歓迎致します。小学生以下は無料です。配偶者の場合は、会費として3,000円頂戴します。)

● 交流会プログラム(概略)
13:30 受付スタート
14:00 第1部:勉強会
16:00 第2部:懇親会(自己紹介→意見交換会へ)
18:00 中締め予定、有志で2次会へ
18:30 2次会(武蔵境駅周辺)

※ 第1部:勉強会
ICU 出身の医療関係者が行っている活動内容について複数のレクチャーを頂く予定です。それぞれの立場の専門的な観点から、医療へのアプローチについて考えを深めていきましょう!
既に決定しているスピーカのお一人は、
井伊雅子先生(一 橋大学 国際・公共政策大学院 教授 、1986 年 ICU卒)です。
課題図書として、「医療大転換:日本のプライマリ・ケア革命」 葛西龍樹 (ちくま新書) [新書] 777円があります。

上記の書籍は下記amazonのサイトで確認できます。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%A4%A7%E8%BB%A2%E6%8F%9B-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%82%A2%E9%9D%A9%E5%91%BD-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%91%9B%E8%A5%BF-%E9%BE%8D%E6%A8%B9/dp/4480067310

当日ディスカッションをいたしますので、事前にご購入をお願いします。
また、井伊先生から、より深く家庭医療や地域医療に関心をお持ちの方はぜひ「マクウィニー 家庭医療学 上巻」(ぱーそん書房)にも目を通していただけますとより中身の濃いミーティングになると思います、とのことです。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%83%BC%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%AD%A6-%E4%B8%8A%E5%B7%BB-Ian-R-McWhinney/dp/4907095058

<昨年度のテーマ>
・ 日本の医療の現状・問題点
・ 家庭での疾患のある方に対するアプローチ、現状の問題提起
・ 地方都市における医療について、感じたこと
・ メディカル系の転職についての報告

※ 第2部:懇親会
簡単に自己紹介(30秒程度)いただいた後、みなさんご自由にご歓談ください。ご自身のご経験・現在の活動などについて自己紹介の時間外で参加者のみなさんの前で是非発表したい!という場合は、まず事務局までご一報ください。
参考資料などを配布することは可能です(50部を目安に各自でご用意ください)。

◆◇ 参加申し込み・お問い合わせ ◇◆
下記フォームにご記入ください。
http://ws.formzu.net/fgen/S76711906/
ご質問などありましたら、support@icumed.orgまでご連絡お願いいたします。
ご記入いただいた内容・メッセージは、より充実した交流にお役立ていただくため、参加予定者プロフィール・当日のパンフレット・名札等に掲載させていただきます。あらかじめご了承下さい。

★ 今回残念ながら参加できない方へ
自己紹介や近況報告をご返信ください。当日、スタッフよりご紹介させて頂きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S76711906/


※ 医療関係者の会の概要やこれまでの交流会の様子は、医療関係者の会ホームページでもご覧いただけます。
http://www.icumed.org/1001.html

● ご参加対象者:
・ ICU(大学又は高校)に在学経験のある医療関係者。
・ 医療の道に進もうとしているICU関係者の方。
・ 軽食・ドリンク(ソフトドリンク・ビール・ICUワインなど)をご用意いたします。
・ ご家族同伴も歓迎します。お気軽にご参加ください。
・ 気軽に参加できる会ですので、お酒を飲まれない方も大丈夫です。
・ 遅刻・早退自由です。少しでもお顔を出していただけたら嬉しいです。
・ 締め切りを過ぎての参加、当日の飛び入り参加も大歓迎です。
・ 会費は交流会の準備費・運営費の他、余剰金は会の運営費に充てさせていただきます。ご了承ください。

● 会員名簿について
これまでにご連絡いただいております名簿内容(ご連絡先・メールアドレス・ご勤務先・ご自宅住所など)に変更がございましたらご連絡下さい。http://ws.formzu.net/fgen/S76711906/交流会当日の受付でも確認可能です。 ご協力よろしくお願い致します。

● 当日スタッフ、及び運営スタッフ募集!
当日スタッフとしてお手伝いいただける方 を 3名募集しております。受付・会場設営・撤収はじめ、簡単な照明、音楽の操作、などです。
(12:30 からご協力いただける方、社会人、学生の方いずれも歓迎)

また、運営に積極的に関わりたいという方も募集しております。いずれも、協力をいただける方は
support@icumed.orgまでご連絡ください。

● 会長 酒井 忠昭 より ご挨拶

第14回ICU医療関係者の会をご案内申し上げます。
当会は、ICUをバックグラウンドに持つ医療関係の方々が集い、情報交換や勉強会を催してまいりました。会員数は100数 十人になります。私たちの医療関係者にはさまざまな専門家が含まれます。これには治療に携わる方ばかりでなく、学者、行政官、ジャーナリストなどもおられます。

多くの分野の方々が集うところに当会の特徴があります。しかし、私の恩師の川喜田愛郎先生は、医学は一義的には、病み苦しむ病人のための「癒しの術(イアトリケー・テクネー)」であり、専門分野はそのための分化、枠組みである、病気という事実に対座する基本的な姿勢を忘れてはならい、と繰り返し言われました(医 学概論、ちくま学芸文庫、2012)。医療、医学が高度化され細分化された現代こそ、この原点を忘れないようにしたいと思います。

今 回の勉強会では一橋大学大学院医療経済学教授の井伊雅子さんのお話を伺うことになりました(他の方のお話も交渉中と伺っておりま す)。井伊先生は、困難な問題に直面する現代日本の医療事情に積極的な発言をされておられます。具体的な解決法を会員の皆さとともに考える機会になれば幸いと思います。ご期待のうえご参加ください。(2014年1月)

● 代表 佃 隆 より ご挨拶

もともとはICU出身の「医師の会」として酒井忠昭先生を中心に1985年頃発足しました。その後1996年の名簿の更新をきっかけに、医師だけではなく医療関係者や医学生、医学の分野に特に興味を持っているICU出身者の方々が参加されてきました。
現在では、会の名称を「医師の会」から「医療関係者の会」に変更し、医師、看護師、理学療法士、作業療士、カイロプラクター、柔道整復士、MR、公務員、社会福祉士、保健師、助産師、医療研究者、医療教育者、厚生労働省職員、医療雑誌記者、患者サイドからの医療ボランティアなど、広いジャンルから多くご参加を頂いています。
ICUという同じバックグラウンドを持ってそれぞれの舞台で活躍されている方々と年に1~2回の親睦会を開催し、情報交換しながらネットワークを作るという目的で継続されています。
今後は、お互いに交流を深めて刺激を受け合うだけでなく、医療・保健・福祉・代替医療などに進もうとしている後輩の援助もできれば素晴らしいと考えています。(2014年1月)

● 過去にご参加頂いた方からのアンケート結果より 抜粋
・ 盛りだくさんの内容で充実していました。(ID76、大学教授)
・ 次回またお会いさせていただく約束ができました(ID80、看護師)。
・ また来年も会えるのを楽しみに1年間頑張ります!(ID00,保健師)
・ 普段、他業種の方と交流の場がないので、とても貴重な場となりました。(ID04、医師)
・ ICUを卒業して医療関係の仕事に携わっている方と交流できて、大きな刺激を受けました。(ID10、医学生)

● スタッフ:下記のメンバーがスタッフを務めております。
ICU医療関係者の会

・ 酒井 忠昭 (会長:6期 医師)
・ 佃  隆 (代 表:44期、WHO国際基準カイロプラクター)
・ 鮫島あゆみ (会計:44期、保健師)
・ 小野 裕史 (交流会:43期、製薬会社勤務)
・ 古井 郁恵 (運営補佐:44期、医師)
・ 坂西真理子 (名簿管理:51期、ヘルスケアカンパニー勤務)
・ 小坂 正  (運営補佐:26期、 医師)
・ 島田 綾  (運営補佐:45期、 医師)
・ 石井美和子 (運営補佐:47期、看護師)
・ 野村有貴子 (運営補佐:53期、一般財団法人勤務)
・ 佐々 貴司 (WEB関連:43期、医学研究所勤務/リラクゼーションセラピスト)
・ 佐々 智美 (WEB関連:47期、アロマセラピスト)
・ 菊地花(ICU同窓会関連:ID14)
・ 沖田大(会場運営:ID07、医療ポータルサイトサービス企業勤務)
・ 加藤 徹男(勉強会:34期、医師)

できる限り多くの方にご参加いただいて、ICU出身者ならではの医療のお話ができたら幸いです。みなさまのご参加お待ちしております。またお知り合いでご興味がありそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひメールを転送頂きたく、よろしくお願いいたします。
注)今回より、申込みはフォームにご入力いただけますよう、お願いします。会員のみなさま向けにアンケートもありますので、参加、不参加、未定に限らず、いずれの場合もご記入いただけますようお願いします。下記フォームにご記入ください。
↓     ↓     ↓
http://ws.formzu.net/fgen/S76711906/
↑     ↑     ↑

文責:佃  隆(44)

イベント案内・報告

各種イベントのご案内や、終了した
イベントの報告を掲載しています。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学