メジャー&キャリア

一覧に戻る 本文印刷

武田さん 第一回

■プロフィール

香港の日本人学校からICU高校に入学し、ICUに進学。メディア研究を専攻しながらも、国語の教職を取得。一般企業から内定が出ていたにもかかわらず、タイの日本人学校教員への道を選ぶ。現在は都内の公立高校にて国語の教師として、ダンス部の顧問として活躍中。


聞き手:山崎さん(2年生)、諸岡さん(4年生)

 

<第一回:入口はメディア、出口は教師>

諸岡

まずなぜICUに入ったのか、からお聞きしてもいいですか?

 

武田

私はICU高校出身なんです。中学は香港の日本人学校に通っていたので、帰国子女を受け入れている校風が良いがいいなと思って、ICU高校への入学を決めました。

諸岡

そうだったんですね。

武田

大学を選ぶときは、今すぐ学びたいことを一つに決めずに、色んなものを学べるというリベラルアーツに惹かれたのもあって、ICUに進学しました。

入学当時はメディアに興味があったので、ICUではメディアについても学べそうだという事で、進学を決めました。



諸岡

メディアのどういうところに興味があったのですか?

武田

CMや広告がすごく好きで、それについて学びたいなと思っていたんです。高校時代からダンスをやっていたのですが、人に見せることや伝えることにすごく興味があったんです。

大学に入ってからもダンスは継続していました。

諸岡

広告もダンスも、人に何かを伝えるという共通点があったわけですね。高校の段階からやりたいと思えるものが決まっていたんですね。

武田

誰もが、高校の時に一度、大まかな進路を決めなくてはいけないですよね。

私は数学以外なら大丈夫かな、と思っていたのですが(笑)、漠然とメディア関係の仕事に携われたらいいなぁ、と考えていました。それも含めて広く学べるところということで、ICUに入りました。

諸岡

ちなみに、どの学科に入学したのですか?

武田

当時、国際関係学科に言語コミュニケーションという専攻があって、そこにメディア研究の分野があったんです。なので、国際関係学科に入学しました。

諸岡

なるほど。そのまま専攻もメディア研究で卒業されたのでしょうか?

武田

ところが、国際関係学科と教育学科の科目を両方を取って、結局最後までどちらかに絞ることをしなかったんです。

諸岡

えっ、教育学科ですか? どうしてそちらにも興味を持ったのでしょうか?

武田

ちょうど二十歳になった頃、香港の日本人学校の同窓会で先生方に久しぶりにお会いして、先生の仕事の素晴らしさを知ったんです。

その先生が、こんな話をしてくれました。「すぐに成果は見られないかもしれないけれど、教え子が後から色々な影響を受けて成長した姿を何年後かに見られて、自分が先生としてそこに関わったことがプラスに感じられる瞬間が来るんだよ。」その話を聞いたことがきっかけで教員免許を取ることにしました。

諸岡

へぇ、そんな出会いがあったんですね

武田

ただ、その時点から教職を目指しても、教育実習など必修の単位を取っていくと四年間では卒業できないことも分かりました。

ま、仕方ないかなという感じでゴニヤ覚悟でやっていくうちに、日本語教師もいいなと思いはじめたりして、さらにどつぼにはまってしまったんですけどね(笑)

山崎

そういう経緯があったんですね!

諸岡

教職、日本語教員と、すごく多忙なICUライフですね。でも先生がいいなと思ってから、教職課程を最後まで取ろうという熱意をどう保ったのかがすごく気になります。やっぱり教職は大変すぎて途中で辞めてしまう脱落者も多いイメージがありますし‥‥。

武田

そうですね、モチベーションに関しては、四年で卒業できないと言われたのがすごく大きいと思いますね。同級生が先輩になる訳で、皆が就職活動で自己分析してたりする様子を見て、とても刺激を受けるんですよ。

でもそこでやっぱり教職と一般の職業は全然違うことを改めて感じて、どうしよう、どうしようとすごく迷いました。その優柔不断さが逆にモチベーションにつながっていたんでしょうね。

諸岡

最終的になぜ教職の道を選ばれたのでしょうか?

武田

それもまた紆余曲折で‥‥。実は就職活動もして、内定もいただいていたんです。でも卒論でお世話になった先生から日本人学校の募集があるから行ってみたらという勧めも受けていて、最後まで迷っていました。バンコク日本人学校か、国内の企業かを、一日で決めなきゃいけなかったんです(笑)。

一同

えっ‥‥! 最後は何が決め手になったのでしょうか?



武田

やっぱり自分が日本人学校を出たというのもあるし、先生っていいなという思いも強かったんでしょうね。もちろん広告をやりたい思いもあったんですが、広告では商品を売るとき、企業がどれだけ利益を得るかが重要な一つの視点になってきますよね。

でも私は伝え方に興味があったわけで、利益の側面はミスマッチかもしれないと思いました。だったらそういう側面のない教員の世界に入って、海外でチャレンジしてみようと思ったんです。

次へ

<感想は majorandcareer★gmail.com まで>
★を@に置き替えて下さい

もくじ

第一回 入口はメディア、出口は教師

第二回 生徒と対話がしたいから、してほしいから

第三回 リツイートされたら、うれしい?

第四回 人生は一度きり、でも一度では決まらない

メジャー&キャリア

メジャーとキャリアの関係性について、現役ICU生が同窓生にインタビューしました。
同窓会とICUアカデミックプランニング・センターの共同企画です。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学