新着情報

一覧に戻る 本文印刷

DAY2016 受賞者決定!

2015年12月17日掲載

ICU同窓会では、社会的に活躍され、大学および同窓会の魅力・知名度を高めることに貢献した方々を、毎年「DAY (Distinguished Alumni of the Year)」として表彰しています。11年目となる2016年のDAY賞受賞者は、下記3名の方々です。

表彰式は、2016年3月26日(土)開催予定の「桜祭り」にて行われます。

 

 茅野 徹郎(1期)

1957年ICU卒業後、商社勤務を経て本田技研工業株式会社に途中入社。ICUのリベラルアーツ教育を実業界で実践。アメリカホンダ社長、本社代表取締役専務の後退社。退職後日米協会専務理事として日米関係に貢献。ICU総務理事・財務理事として大学の財政基盤健全化に尽力。創立50周年記念募金の副委員長またFriends of ICU の発案・実現をはかった。

 

森枝 卓士(22期)

1978年ICU卒業後、フォトジャーナリストとして東南アジアに軸足を置き世界各地を取材。食文化の視点から写真・レポート・書籍を多数発表。2014年出版の「食べているのは生きものだ」は食の大切さを教えるとともに、命の大切さや人生の楽しみかたを伝えている。

 

堀内 佳美(51期)

生れつきほぼ全盲。中学時代英語に出会い、初めて聞く発音と世界が広がる可能性に興味を持つ。高校時代留学先の米国でタイ人と知合いタイ語を勉強。2007年ICU卒業後、証券会社で翻訳管理者として勤務。その後インドでNGO運営のノウハウを1年間学んだ後、タイ農村部で読書の楽しさを広める非営利法人「アークどこでも本読み隊」を発足させ、図書館と幼児教育センターの運営に尽力している。

以上

                    ICU同窓会

 

 

 

新着情報

同窓会からの新着情報を掲載しています。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学