新着情報

一覧に戻る 本文印刷

夏の一日、同窓生が一堂に(7月2日) ICU alumni came back to campus

2016年07月14日掲載

20160702評議員会
梅雨の中休みの日差しが爽やかな7月2日、東ヶ崎潔記念ダイアログハウスで2016年度の第1回評議員会が開かれました。2期目の木越純会長は「集って楽しい同窓会」「頼りにされる同窓会」「時には辛口ご意見番」と、3つの活動方針を打ち出し、同窓生の結集を呼びかけました。

 財務報告や同窓会の各部の活動紹介に続いて、ピースベル奨学生(PBS)1期生と2期生、ドリームコンペティション(ドリコン)の金賞と銀賞の受賞者が来賓として参加。それぞれの代表が、PBSとして自分がなすべきことへの思い、ドリコン応募時の苦労とそこで差し伸べられた同窓会のサポートへの感謝などを語りました。また今回はスカイプを通じて宮城県女川町の同窓生もご参加しました。

 評議員会の後は、木越会長が自らガイドとなってキャンパスツアー(副会長の櫻井淳二さんがガイドする図書館のみのツアーも同時開催)。取り壊しを待つ旧寮や、しゃれた外観の新寮、それに、建設中の寮から始まり、土曜にかかわらず特別にオープンしていただいた図書館の中も見ることができました。

 午後4時から、アラムナイハウス2階で全体会(懇親会)。北城恪太郎理事長、日比谷潤子学長をはじめ、大学側の来賓も加わって会場は和やかな雰囲気に包まれました。北城理事長からは「卒業後、ご活躍されたらぜひ『ICUの卒業です』とPRしてください」とのエールを、また、日比谷学長からは、数日前に終わった夏季卒業式で「ICUでの学びを社会に還元してください、との言葉をお送りしたところです」とメッセージを、それぞれいただきました。

 今回、1期生から、現役生までと幅広い世代が参加。恒例のラッフルでは、アナグマワインなど、おなじみのグッズが紹介されるたびに会場は大きな歓声に包まれました。

 あっという間に2時間が過ぎ、最後は天井に映し出された歌詞を見ながらICUソングを3番まで通して全員で歌い、お開きとなりました。

記事:新村敏雄(27期)
写真:鈴木 律(23期)

 

ICU alumni came back to campus

On beautiful Saturday afternoon of July 2, the board meeting of the ICU Alumni Association 2016 was held in Togasaki Memorial Dialogue House.

The president of the Alumni Association Jun Kigoshi asked for their cooperation based on three policies as follows; “Fun of gathering,” “Being depended,” “Tough advisor when needed”

Following a series of reports including financial statements and activities of alumni branches, two graduates on Peace Bell Scholarship and the winners of Dream Competition were introduced as special guests to the meeting. Each representative delivered short speeches, expressing their thanks for the warm supports provided through the scholarship and the competition.  An alumni member also joined the meeting from Onagawa, Miyagi Pref. through Skype.

After the meeting, Mr. Kigoshi himself conducted a campus tour. (At the same time,  a library tour was organized by the vice president Junji Sakurai). Mr. Kigoshi led to old/new dormitories, Taizanso tea house, and the library.

The goal of the campus tour was the Alumni House, where members got associated with each other at the ‘kick-off’ of 2016 ICUAA over good food and drinks.  Some guests from the university also joined, including the chief of board of trustees Kakutaro Kitashiro and president of ICU Junko Hibiya. “When you achieve something remarkable in your work, please do not forget to represent yourself (to the media) that you are ‘a graduate of ICU’,” said Mr. Kitashiro, suggesting the alumni to ‘publicize’ themselves.  “We had a summer graduation just a few days ago, and I gave words to new grads, asking them to feedback what you learned and earned during your life at ICU,” said Ms. Hibiya.

The party covered a wide array of generations, from the very 1st graduate to the sophomore student.  Toward the closing, a raffle began for free alumni items such as original wine added to the fun. Fun time just flies, and the 2-hour gathering closed by singing the ICU song.

Article, Toshio Shinmura (CLA 27th  ID'83)
Photo, Ritsu Suzuki(CLA 23rd ID'79)

新着情報

同窓会からの新着情報を掲載しています。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学