• ご案内
  • 報告

報告一覧へ戻る 本文印刷

Love D-Kan 60 Fest.開催報告(11月10日&11月11日)

2018年11月16日掲載

Love D-Kan 60 Fest.
2018年11月10日Music Day 、11日Performing Arts Day
無事終了しました!

両日ともお天気に恵まれ、大勢の観客の皆さんに足を運んで頂き、無事D館フェスティバルを開催しました。青春時代に戻ったかのような出演者の皆さんのドキドキ、ワクワク感にD館が包まれ、大変素晴らしいイベントになったと思います。

両日とも、矢嶋直規D館長に開演の挨拶をして頂きました。初日はMusic Day。学生時代にメロディ・ユニオン、MMS、小劇場、ハンドベルなどのクラブで活動し、卒業後も音楽活動を続けていたOBOG有志による7つの音楽ユニットが参加しました。タイトルコールにジョン・カビラ氏が声で出演、メッセージも寄せて下さいました。

2日目はPerforming Arts Day、今年度でICUを退職される大西直樹教授のピアノ演奏と、プロのダンサーとなった金子礼二郎さん (ID90) のオリジナル・コンテンポラリー・ダンスの舞台。大西先生は学生時代も含めて50年にわたるICU生活で、最初で最後のD館の舞台。金子さんはこの日が現役ダンサーとして最後の舞台、大勢のファンがそれを見届けようと集まり、熱気に包まれた舞台となりました。

両日を通して、出演者やスタッフを含め参加者は400人以上、現役学生の音響集団にも協力頂きました。参加料収入から開催経費を控除した残額は切りよく15万円となりました。これはD館を含む大学の教育施設の保守・修繕のためと使途を指定して、大学に寄付します。D館の安倍健太郎さん、岸本誠学生サービス部長、その他多くのご協力下さった皆様、本当にありがとうございました。

文責:Love D-Kan 60 Fest.事務局
   長井延裕、大西錦城、奥村尚子

 

 

 

イベント案内・報告

各種イベントのご案内や、終了した
イベントの報告を掲載しています。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学