新着情報

一覧に戻る 本文印刷

DAY賞 (Distinguished Alumni of the Year Award) 2019受賞者決定!

2018年12月04日掲載

ICU同窓会では、それぞれの分野でご活躍され、大学および同窓会の魅力度・知名度を高めることに貢献した方々を、毎年「DAY (Distinguished Alumni of the Year)」として表彰しています。14年目となります2019年のDAY賞受賞者は以下の皆様です(敬称略)。

表彰式は、2019年3月30日(土)に開催予定の同窓会「桜祭り」にて行われます。

金澤 正剛 KANAZAWA, Masakata (1期)                     

ルネサンス音楽史専攻、古典音楽、宗教音楽の日本における第一人者。人文科学の分野で日本人初のHarvard大学博士号を取得。研究・著作活動に対し、米国ASCAP賞(1980)、日本ミュージックペンクラブ賞(1998)を受賞している。

横田 洋三 YOKOTA, Yozo (8期)

国際法・人権保護の分野で研究・実践双方で多大な実績をあげ、著作多数。世界銀行、国連人権委員会など国際機関での活動歴も豊富。ICU在職中の教え子からは、国際機関職員や外交官を多数輩出している。

長井 鞠子 NAGAI, Mariko (11期)

同時通訳として日本で草分け的存在。在学中の1964年東京オリンピックで通訳を体験、同時通訳の道に入る。以来、多くの国際会議・首脳会議などで活躍、IOC総会では2020年東京オリンピック招致にも貢献した。

 安藤 公秀 ANDO, Kimihide (26期)

現三菱商事パキンスタン総代表、パキンスタン在住。20年に渡る日・パ両国の架け橋としての貢献に対して、2018年3月に「パキスタンの星」最高栄誉賞を受勲した。ビジネスだけでなく両国の文化交流にも幅広く活動している。

功能 聡子 KONO, Satoko (31期)

NGO/世銀/JICAなどを経て、カンボジアでの支援経験から、ビジネスを通じた脱貧困を支援するARUN(アルン)を2009年に創設、社会貢献ビジネス・社会的投資の先駆となる。2018Forbes Japan「地球で輝く女性100人」に選出された。

 

ICU同窓会・DAY賞選考委員会

新着情報

同窓会からの新着情報を掲載しています。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学