• ご案内
  • 報告

報告一覧へ戻る 本文印刷

村上陽一郎先生の講演会「大学とリベラルアーツ」を開催(11月14日)

2015年11月19日掲載

2015年11月14日、国際基督教大学・東京大学名誉教授で、日本アスペン研究所副理事長の村上陽一郎先生による講演会「大学とリベラルアーツ」が、東京・内幸町の日本プレスセンタービルで開催されました。この講演会はICU同窓会が主催する「リベラルアーツ講座」の第1回として開かれたもので、128人が参加して熱心に耳を傾けました。

村上先生は1936年、東京生まれで、専攻は科学史、科学哲学、科学技術社会論。

講演で先生は、12世紀におけるボローニャ、パリなどでの大学の誕生から始まり、脱宗教化を特徴とする18世紀の啓蒙主義、さらには、19世紀のヨーロッパの近代的大学の誕生に言及。そのうえで、1930年代から始まったリベラルアーツ教育の意味や現状、問題などをアメリカと日本を例に、知の世界の文脈の中で位置付けて解説されました。

日本では「教養教育」という言葉に置きかえられてきたリベラルアーツ教育。先生によると、戦後、大部分の国立大学の「教養部」では、予算や組織的な方法論がなく、1991年の改組(大学設置基準の改正)によってほぼ消滅したとのことです。

一方、教養を中心にしたリベラルアーツ大学において学生は、広く、さまざまな可能性に触れることができるものの、何を専門に学んだのかという意識が希薄なため、社会的に認知されがたい現状にあることを指摘されました。

リベラルアーツ教育の成果として、村上先生は「何でも適応できる潜在能力の豊かさ」を強調。今後、大学院でもリベラルアーツ教育を行い、科学・技術リテラシーや社会リテラシー、それに、コミュニケーション能力を持つことの重要性を訴えました。

 その上で、現代の知識人の資質として、多面的にものを考え、自分の立場を相対化でき、カウンターバランスがとれ、「規矩」とも言うべき自分の評価基準を持つことを挙げ、「大学という場所は、そういう人間をつくる場所でありたい」と語りかけ、講演を結びました。

(鷲見徹也、13期)

DSC_0121ok

イベント案内・報告

各種イベントのご案内や、終了した
イベントの報告を掲載しています。

ICU同窓会 Benefit Service

ICU同窓会 WELBOX

登録無料・年会費不要
サービス概要・新規登録ログイン
※終身会費納入済の方のみ
ご利用いただけます

特集

01【学生向けコンテンツ】
現役ICU生による同窓生インタビュー
メジャーとキャリアって関係あるの?
01斉藤顕一と渡辺真理による
インタビュー企画
今を輝く同窓生たち

DAY賞

DAY Award

同窓会グッズ

ICU同窓会グッズ

ICU Alumni email service

ICU Alumni email service
03国際基督教大学
ICU 国際基督教大学