MISSION

Distinguished Alumni of the Year - DAY Award DAY賞

Distinguished Alumni of the Year(DAY)賞は、国際基督教大学に在籍したことのある方(卒業生・留学生・教職員、ただし故人は対象外とする)の中から、大学および同窓会の知名度・魅力度を高めることに貢献した方に対し、その功績を称えるために贈呈されます。推薦は年間を通して受け付けておりますが、毎年10月15日を締切日とし、翌年春の「桜祭り」で受賞者の表彰式を行います。推薦および選考については公開されません。受賞者は同窓会ウェブサイトで発表するとともに、アラムナイニュースでお知らせいたします。 皆さまからのご推薦をお待ち申し上げております(自薦・他薦を問いません)。
毎年、受賞者の中から1名をお招きして、DAYトークを開催しています。

DAY賞候補者をご推薦ください

*今年度分は2021年10月15日に締め切りました。推薦は随時受け付けており、これからの推薦は次年度に選考対象となります。

推薦フォームから、または、推薦用紙をダウンロードして印刷し必要事項をご記入の上郵送/Faxで同窓会事務局あてにお送りください。E-mailでも受け付けております。

【送り先】 ICU同窓会事務局

  • 〒181-8585東京都三鷹市大沢3-10-2
  • Tel/Fax:0422-33-3320
  • E-mail:aaoffice [at] icualumni.com

【必要事項】

  • 推薦したい方の氏名と卒業年、あるいは在籍年(分かる範囲で)
  • 推薦理由(新聞記事等の客観的資料があれば、コピー・pdfを併せてお送りください)
  • あなた(推薦者)の氏名と卒業年
  • あなた(推薦者)の住所、電話番号、E-mailアドレス

推薦フォーム

推薦用紙PDF

お預かりした個人情報は同窓会で適切に管理し、利用目的の範囲内においてのみ利用いたします。同窓会における個人情報の取扱いにつきましては、プライバシー・ポリシーをご覧ください

DAY賞(Distinguished Alumni of the Year)2021 受賞者

鈴木  克明  SUZUKI, Katsuaki(25期 ID81)

日本における教育工学、特にインストラクショナルデザイン分野の第一人者でグローバルにも活躍。熊本大学大学院教授(教授システム学研究センター長)、日本教育工学会第8代会長などを務め、日本におけるインストラクショナルデザインの普及に大きく寄与。特にコロナ禍で教育のオンライン化が進む中、学会等各所で発信を続けるなど、効果的な教授法確立とテクノロジー活用推進に多大なる貢献を行なっている。

Katsuaki Suzuki is one of the most renowned researchers in Japan in the field of instructional design. As a professor and Director of Research Center for Instructional Systems at Kumamoto University, as well as the president of Japan Society for Educational Technology, he has been successfully educating and training instructional designers in Japan, contributing to the effective use of technology especially when COVID-19 had forced schools to go online in 2020.

谷村  格  TANIMURA, Itaru(31期 ID87)

1987年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。1999年同パートナー就任。2000年エムスリーを創業、同社代表取締役社長就任。エムスリーは医師向けのポータルサイトを展開しており、国内の医師登録数は29万人で日本の医師の9割以上が会員登録、また日本以外も10カ国以上に事業展開しており全世界の医師1,200万人の約半分に当たる590万人を会員化している。2020年3月末の連結売上高は1,309億円、従業員数は7,127人。2020年は「アリババと新型コロナをCTで診断するAIを共同開発し100以上の病院に投入」、「ソニーと共にコロナ禍で面会制限が出ている医療機関向けに遠隔面会システムの提供」、「医療現場への250万枚のマスクを無償提供」など、コロナ禍社会に貢献した。

After joining McKinsey & Company in 1987, Itaru Tanimura ascended to Partner by 1999, founded M3 in 2000 as its CEO. M3 operates a specialized web portal for medical professionals, now with 290,000 members covering over 90% of physicians in Japan. Additionally, its overseas operations across 10+ countries have amassed a network of 5.9 million members, which account for roughly half of all 12 million physicians across the globe. Consolidated sales for FY2020 reached 130.9 billion yen, generated by M3’s 7,127 employees. Most recently in 2020, contribution via COVID-19 initiatives included projects such as “co-development and provision of an AI based CT imaging COVID-19 diagnostic tool with AliBaba, across 100 medical sites,” “provision of a remote visitation system at visitation restricted hospitals, in collaboration with Sony,” and “distribution of 2.5 million free face masks to medical sites.”

児玉  治美 KODAMA, Harumi (35期 ID91/G1994)

アジア開発銀行(ADB) 駐日代表。フィリピン本部を経て、女性では歴代初の就任。小学校の後半、高校時代をアメリカで過ごした後ICUに入学、大学院まで進んで、国際関係を専攻。卒業後は参議院議員秘書を務め各国政府、国連、国際NGOなどとの交渉、広報などを担当の後国際NGO(ジョイセフ)に転職。そこでの実績が認められ、国連人口基金に誘われる。

Harumi Kodama is the first female representative of Asian Development Bank in Japan.  She spent half of her elementary school days and all of her highschool time in the U.S.A. It was only natural for her to choose ICU and ICU Graduate School where she majored in international relations. Her work career began as a legislative aide to a Member of Japanese Parliament, where she engaged in negotiations with various governments, UN and other international organizations, followed by JOICFP(international NGO), United Nations Population Fund (UNFPA) who recruited her in recognition of her achievements and then ADB.

酒井  里奈  SAKAI, Lina(39期 ID95)

ICU卒業後、邦銀に入社。その後外資系証券会社等に転職するも発酵技術に興味を持ち32歳で東京農業大学応用生物科学部醸造科学科に入学。2009年卒業。翌年より岩手県奥州市の休耕田を利用した米のエタノール化事業の実証実験に参加。実証実験の結果、燃料としては採算の合わないエタノールを化粧品原料としての販売を提案し、2013年には市の研究事業から事業を引き継ぐ。現在、有機栽培の米や飲料残さを原料とするエタノールを化粧品の原料として販売するほか、自社で化粧品・雑貨の製造も行う。2019年には経済産業省の新興企業支援プログラム『J-Startup』にも選出された。

After graduating from ICU, Lina Sakai joined a Japanese bank. After that, she changed jobs to a foreign securities company, but became interested in fermentation technology and entered the Department of Applied Biological Sciences, Tokyo University of Agriculture at the age of 32. Graduated in 2009. From the following year, she participated in a demonstration experiment of a rice ethanolization project using a fallow field in Oshu City, Iwate Prefecture. As a result of the demonstration experiment, she proposed to sell ethanol, which was not profitable as a fuel, as a raw material for cosmetics, and in 2013, she took over the business from the city’s research business. Currently, in addition to selling ethanol made from organically grown rice and food waste as a raw material for cosmetics, she also manufactures cosmetics and miscellaneous goods in-house. In 2019, her business was also selected for the Ministry of Economy, Trade and Industry’s start-up company support program “J-Startup”.

松崎  英吾  MATSUZAKI, Eigo(47期 ID03)

NPO法人日本ブラインドサッカー協会 専務理事 兼 事務局長。ICU3年生の時に、偶然ブラインドサッカーに出会いに衝撃を受ける。大学卒業後は、㈱ダイヤモンド社等一般企業に勤務。業務の傍らブラインドサッカーの手伝いを続けていたが、「ブラインドサッカーを通じて社会を変えたい」との想いで、2007年に退社し協会専属に。視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を目指して奮闘中。

Eigo Matsuzaki is Managing Director and Executive Director of Japan Blind Football Association. During his ICU days, he happened to experience blind football and was impressed by it. He has supported activities even after his graduation while working for companies such as Diamond Inc.In 2007, Eigo quitted his job and joined Japan Blind Football Association as fulltime Executive Director. Since then Eigo is working hard to build the society where visually impaired persons naturally live together with visually able persons.

DAY受賞者メッセージはこちらから

ICU同窓会・DAY賞選考委員会

DAY selection Committee

歴代DAY受賞者はこちらから

DAYトークについて読む