MISSION

Distinguished Alumni of the Year - DAY Award DAY賞


DAY2020受賞者はこちら

Distinguished Alumni of the Year(DAY)賞は、国際基督教大学に在籍したことのある方(卒業生・留学生・教職員、ただし故人は対象外とする)の中から、大学および同窓会の知名度・魅力度を高めることに貢献した方に対し、その功績を称えるために贈呈されます。推薦は年間を通して受け付けておりますが、毎年10月15日を締切日とし、翌年春の「桜祭り」で受賞者の表彰式を行います。推薦および選考については公開されません。受賞者は同窓会ウェブサイトで発表するとともに、アラムナイニュースでお知らせいたします。 皆さまからのご推薦をお待ち申し上げております(自薦・他薦を問いません)。
毎年、受賞者の中から1名をお招きして、DAYトークを開催しています。

DAY賞候補者をご推薦ください~締め切りは毎年10月15日です~

推薦フォームから、または、推薦用紙をダウンロードして印刷し必要事項をご記入の上郵送/Faxで同窓会事務局あてにお送りください。E-mailでも受け付けております。

【送り先】 ICU同窓会事務局

  • 〒181-8585東京都三鷹市大沢3-10-2
  • Tel/Fax:0422-33-3320
  • E-mail:aaoffice [at] icualumni.com

【必要事項】

  • 推薦したい方の氏名と卒業年、あるいは在籍年(分かる範囲で)
  • 推薦理由(新聞記事等の客観的資料があれば、コピー・pdfを併せてお送りください)
  • あなた(推薦者)の氏名と卒業年
  • あなた(推薦者)の住所、電話番号、E-mailアドレス

推薦フォーム

推薦用紙PDF

お預かりした個人情報は同窓会で適切に管理し、利用目的の範囲内においてのみ利用いたします。同窓会における個人情報の取扱いにつきましては、プライバシー・ポリシーをご覧ください

DAY賞(Distinguished Alumni of the Year)2020 受賞者

受賞者のエッセイはこちらから > 2020年DAY賞受賞者エッセイ(PDF)

茅野 友子 CHINO, Tomoko (2期・72年院修了)

ICUで受けた教育を海外在住中に活かし、50歳を過ぎて博士号を取得。教授として本格的に教育と英文学研究のキャリアをスタートさせた。ICUと第2の母校UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)との交流に協力し、1997年にUCI学長賞を受賞。ペディラヴィウム会の設立と運営に40年近く携わり、またピースベルスカラシップの一つとしてD.S.ブルワー博士記念奨学金を設立。本年11月に「シェイクスピアの時と我々の時」を上梓。

Chino put to work the education acquired at ICU in her expatriate life, obtained her doctorate in her fifties and still continues to study and teach English literature. At ICU, she facilitated friendship and fellowship with her second alma mater, University of California, Irvine,  and received the University’s Chancellor award in 1997. She has been involved in the establishment and running of the Pedilavium Society, an
academic research group, for more than 40 years and has also set up the Peace Bell Scholarship in memory of professor D.S. Brewer. She also published “Shakespeare’s Time, Our Time” in November 2019.

村上 陽一郎 MURAKAMI, Yoichiro (特別会員)

科学史・科学哲学の分野では日本を代表する研究者で発信者。ICUでは1972年から非常勤講師として、1995年から2008年の退任までは教授として教壇に立ち、その謦咳に触れた同窓生は数多い。2016-17年の第一回・第二回同窓会リベラルアーツ公開講座に登壇、同窓生を超えて学外からも幅広い聴衆を集め、ICUのリベラルアーツへの理解を広めることに貢献した。

In the field of history and philosophy of science, Murakami is a renowned researcher and messenger. He has taught at ICU since 1972 and served as professor from 1995 to his retirement in 2008. Many alumni have had the honor of listening to his lectures. Two years running in 2015 and 2016, Murakami spoke at the first and second Alumni Association Liberal Arts Open Lecture, attracting audience from the alumni and outside and contributing to the broader appreciation of ICU’s Liberal Arts.

齋藤 顯一 SAITO, Kenichi (17期)

第15代同窓会長として2002年から2006年まで同窓会を率いた。斬新なアイデアと若手現役世代や在校生を巻き込む求心力で、現在の「働く同窓会」の礎を作った功労者。同窓会長退任後は、各方面で活躍する同窓生をインタビュー記事の形で紹介する「今を輝く同窓生たち」(同窓会HPに掲載)を開始し、2020年で15年目を迎える。これまでに67名の同窓生を紹介し同窓生への励ましとICUの知名度アップに貢献している。

Saito served as the 15th president of the Alumni Association from 2002 to 2006, was the moving spirit in involving the younger generation alumni and students with his innovative ideas and is credited with laying down the foundation for the present alumni association that works. Even after stepping down, he has continued to interview alumni who have distinguished themselves in various fields for 15 years. Please refer to “Today’s Shining Alumni Star” in the Alumni Association homepage. Sixty seven alumni have made their appearance, encouraging other alumni and enhancing ICU’s visibility.

小泉 明郎 KOIZUMI, Meiro (43期)

ICU卒業後、英国の美大で映像を学び、アムステルダムでアート活動を展開する映像作家。2007年からは横浜を拠点に国家や共同体と個人、身体と精神の関係について探求。2009年森美術館(東京)での個展、2013年ニューヨーク近代美術館(MOMA)での個展をはじめ、世界各地の美術館で個展を行うほか、国際的な芸術祭などで作品を発表し続けている。また本年の「あいちトリエンナーレ2019」「表現の不自由展」にも出展。作品は東京都現代美術館(東京)、テイトギャラリー(イギリス)、ニューヨーク近代美術館(アメリカ)をはじめ国内外の多くの美術館に収蔵されている。

Video artist Koizumi studied at an art and design college in Britain, after graduating from ICU and for a while worked in Amsterdam. From 2007, Koizumi has chosen Yokohama as his residence and pursues the relationship between nation-state, community versus individuals, the body versus the spirit. Recent solo exhibitions include the Mori Art Museum, Tokyo, in 2009, the Museum of Modern Art, New York, in 2013 and many museums around the world. He has also participated in various group shows, such as the Aichi Triennale in 2019 and the “After ‘Freedom of Expression?’” His works are exhibited at the Museum of Contemporary Art, Tokyo, the Tate Gallery, London, Museum of Modern Art, New York and many others.

山本 和奈 YAMAMOTO, Kazuna (63期)

在学中、2018年12月15日号・雑誌「週刊SPA」に掲載された女性蔑視の記事に対し、自ら立ち上がり署名活動を展開した。直接編集部を訪れ抗議を申し入れ、謝罪を勝ち取った勇気ある行動は、それまで違和感を持ちながらも声に出せなかった多くの人々を勇気づけた。「おかしいと思うことには自ら声を上げる」という信念を通し一般社団法人Voice Up Japanを立ち上げる。ICU卒業後も人権・ジェンダー問題に取り組んでおり、現在はペルーで活動するNGO Educate For の代表を務めながら、チリにてブロックチェーンに関わる会社を立ち上げている。

In December 2018, a Japanese magazine Weekly SPA published an article extremely disparaging about female university students. Yamamoto, still at ICU, started a campaign to collect signatures, complained directly to the magazine’s editors and secured an apology. Her bravery encouraged many who were feeling uncomfortable, yet were unable to voice their fear or pain. Through the conviction that one should raise one’s voice if something odd is observed, a not for profit organization, Voice Up Japan, was established. After graduating from ICU, she has continued her work on human rights and gender issues. Currently, Yamamoto heads the NGO Educate For in Peru and is also incorporating a block chain company in Chile.

 

ICU同窓会・DAY賞選考委員会

歴代DAY受賞者はこちらから

DAYトークについて読む

ICU同窓会・DAY賞選考委員会