【イヤーブック】過去のバックナンバー販売のお知らせ

イヤーブック委員会では、同窓生の皆様に向けて過去のイヤーブックのバックナ ンバー販売を行います。ホームカミングでのご好評を受けて、この取り組みを始めました。ひとりでも多くの同窓生にイヤーブックを届けたいと考えております。

第一弾として取り扱うのは、2024年版(2023年度)から2015年版(2014年度)です。
今後、他のバックナンバーの販売も順次拡大していく予定です。

ご購入の流れ

1. ご予約フォームへの記入
以下のリンクからご予約フォームにご記入ください。販売は同窓生様本人に 限ります。
https://forms.gle/TtxDzLRqjBwhy1E87

2. 同窓会事務局を経由して卒業生であることの確認
いただいた情報をもとに、同窓会事務局で卒業生であることを確認いたします。

3. 委員会からの連絡
確認後、イヤーブック委員会からご連絡いたします。

4. 指定の振込口座にお支払い
メールにてご案内する振込口座に販売価格をお支払いください。

5. 振込確認完了後、郵送
お振込みが確認でき次第、商品を郵送いたします。

販売価格と配送
販売価格: 7500 + 400円(本体価格+発送費:発送費はご購入者様ご負担となり ます。予めご了承ください。)
予約受付期間: 2024年6月1日から2024年6月30日まで
配送時期: 順次確認および発送を行いますが、発送からお手元に届くまでは7月 から9月にかけてを予定しております。

特記事項
予約フォームのリンク: https://forms.gle/TtxDzLRqjBwhy1E87
郵送でのお受け取りが難しい場合は、予約フォームにその旨をご記入ください。

ご質問がある場合は、以下の問い合わせ先メールアドレスまでご連絡ください:icuyearbook2024@gmail.com

委員会の状況により、予定の変更や中止がある可能性がございます。予めご了承 ください。

イヤーブック委員会はコロナ以降、人員不足や財政の問題を数年間抱えておりま すが、伝統を絶やさずに継承していくために一同粉骨砕身で活動を頑張っており ます。同窓生のバックナンバーご購入の売上は、今後の活動に活用させていただ きます。

イヤーブック委員会一同、皆様からのご予約を心よりお待ちしております。

文:山田賢人(ID26)

こんにちは、ID99の大塚(旧姓三上)と申します。
私が参加しているGUP(girls umlimited program)主催のイベントを共有させてください。
6/14(金)19:00~、髙田春奈さん(ID01)の講演を開催します。
髙田さんは、現在WEリーグ(日本女子プロサッカーリーグ)のチェアをされています。
髙田さんの中高生時代や、これまで乗り越えたチャレンジ、WEリーグや日本サッカー協会を通じた女性アスリートのための取組み等について伺える貴重な機会です!
中高生教育に興味がある方なら誰でもご参加頂けます。
お時間の合う方、下記サイトからお申し込みのうえ、ぜひご参加下さい。
【イベント概要】
開催日:2024年6月14日(金)19:00-20:00(アクセスは18:50より)
主催:一般社団法人Girls Unlimited Program
共催:一般社団法人グローバルビジネス学会
助成:在日米国大使館
参加費:無料
開催場所:オンライン(Zoom)※ 詳細メールはご登録後、事務局よりご案内申し上げます。
対象者:中高生およびその保護者、中高教育に興味がある方どなたでも!
申込期限:2024年6月12日(水)18時まで

お問い合わせ:GUP 事務局(secretariat@gup-jp.org

 

なおGUPは、女子中学生が自分らしく輝けるようエンパワーすることを目的としている非営利団体です。
どうぞよろしくお願い致します。

文責:大塚智子(ID99)

昨年11月に、このコーナーでご紹介させていただきました第17回グループICU展は2月4日から10日まで東京交通会館で開催され、大好評でした。出展参加者は15名、作品は油彩画、水彩画、書道、写真のほか、陶芸、能面など多岐にわたりました。

開催2日目の午後から首都圏は雪が降り始め、翌日はクローズというハプニングもありましたが、会場がJR有楽町駅前の便利なところでもあったことから、三百名近い方々に見に来ていただきました。会場風景、作品の一部を以下に写真でご紹介させていただきます。

期間中の機会を利用して、久々の友人との再会や、クラブのOB会、クラス会などされたところもあったようです。展示参加者にとっても、見に来ていただいた方々にとってもたいへん有意義な展覧会となりました。

来年も2月2日から8日までの7日間、同じ会場で開催の予定です。

***
私たちと一緒に作品展示をされたい方を募集しております。ご興味のある方はぜひ下記までご連絡ください。お待ちしております。
<連絡先>
越智 直樹 Tel : 080-5042-8001 e-mail : n.ochi(a)jcom.home.ne.jp
島   博 Tel : 080-6112-6903 e-mail : hiro2010shima(a)gmail.com
柴田 槙子 Tel : 03-5700-5375 e-mail : makikoshibata19(a)yahoo.co.jp
古河美起子 Tel : 0467-25-2674 e-mail : junnanamakoto(a)gmail.com
※メールアドレスは、(a)を@に変更してご利用ください。

文責:島 博(13期)

小川貴士(ID84)・小杉卓(ID13)・わたなべけい(ID83) 三人展 「見えないもの、見えるもの、見えているもの — Visible and Invisible—」

小川貴士(ID84・水彩画)、小杉卓(ID13・書)、わたなべけい(渡邉香弥子 ID83・版画)は、5月12日(日)から18日(土)まで 東京・銀座のうしお画廊で、三人展を開催します。

お互いの展示などを通じて知り合った3人は、それぞれの技法で「見えないもの」へのチャレンジを続けてきました。本展でも、それぞれが作品を通じて、現代人が日常生活の中で無意識に通り過ぎがちな「見える・見えない」ものを探っていきます。
三人展のひとり、ICUの元教員でもある水彩画の小川貴士は、イタリア滞在時代に経験したまばゆい光を作品に取り込もうとしてきました。光は色も形もなく目に見えないものですが、小川は、明るい景色の中にある光の存在感は彼にとって圧倒的なものだと言います。また、「希望」の比喩としての光を描き出すことも大きなテーマだとしています。 フランス滞在の経験もある小杉卓は、文字と絵の境界にあるイメージを自在に使って、目に見えない様々な概念を表そうとしている気鋭の書家です。小杉はオーボエ奏者でもあり、音楽の感性も筆先にほとばしるものがあります。わたなべけいは、オーストラリアを制作活動の中心として、長年「自分とは何か」を探り続けてきました。自身の来歴や人との繋がりを織物のように紡ぐ独自の版画表現を通じて、見ることのできない心の内面を描き出そうとしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小川貴士(ID84)・小杉卓(ID13)・わたなべけい(ID83) 三人展 「見えないもの、見えるもの、見えているもの — Visible and Invisible—」 2024年5月12日(日)〜5月18日(土) 11:30-19:30(最終日は17:00まで) うしお画廊(銀座7-11-6 イソノビル 3F) 電話: 03-3571-1771 HP: www.ushiogaro.com
5月12日には15時からアーティストトークを予定しています。
誠に恐縮ですが、作家への祝花はご遠慮ください。
文:わたなべけい(ID83)

1974年に当時入学した仲間が三味線と長唄、箏を研究、演奏する会を創設しました。
その後、1981にそれぞれ部員も増えたことにより独立して、”長唄研究会”と改称いたしました。1976年から現在に至るまで毎年定期演奏会を開催しております。2002年よりは指導者が同じということで、東京大学の長唄研究会と共催で定期演奏会を開催しております。

また一部の卒業生は学生長唄連盟OB会のメンバーとして演奏活動を続けています。
顧問は現在、佐野好則教授にお願いしております。
三味線の指導者、稀音家六綾は創部当初から現在まで50年間指導をしてきました。
50周年を迎えるにあたり、両校で記念の会を開催いたします。
ご案内申し上げます。
なお第 49回定期的演奏会は12月8日(日) 北とぴあ・つつじホール(王子駅徒歩3分)で
開催予定です。                     (文責78新原雪乃)

                   記

日 時 2024年6月2日(日曜日)12時開始 (受付開始11:30より)
場 所 イベントスペース BPM   https://bpm-tokyo.com/
〒154−0001 世田谷区池尻2-31-24 信田ビル2階

東急田園都市線池尻大橋駅 南口より徒歩30秒
TABI LABO オフィスに併設
会費  3000円の予定
<問合せ、出席の連絡先>
新原雪乃  e-mail: shinharas★gmail.com (★を@に変えてご利用ください)

~地域と大学の明日に向けて~「ICU×地域」域学連携研究会 第1回ギャザリング

*本企画は、大学による公式なイベントではなく、ICUと地域との連携に関心を持つ関係者有志による自主的な取り組みです
【このイベントについて】
約70年前に三鷹の地に開学して以来、三鷹市をはじめとする近隣地域とさまざまな関係性を積み上げてきた国際基督教大学。
古くは、教員と三鷹市職員が協働してまちの将来像を議論する研究会が設置されていたり、近年では、キャンパスの一角で地元農家さんと連携してのエコ堆肥づくりが行われていたり、その取り組みは実に多様です。
また、コロナ禍以降、身近な地域で社会活動に取り組みたいという学生が増え、これまであまりみられなかった、地域の公立学校での授業や放課後活動ボランティアなどの事例が生まれています。
そこで、そうした「ICU×地域」の取り組み事例について、近隣地域でNPO活動やコミュニティ活動に携わっている市民や行政・公的組織のみなさん、そして学生や教員・職員などの大学関係者で広く共有するための会を開催することいたしました。
参加者それぞれの知見をシェアし、ゆるやかなつながりを広げながら、他の大学や地域にも資するような「地域と大学の明日」を考えていきたいと思います。
テーマに関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
ぜひお気軽にお申し込みください。
→ お申込フォーム
https://forms.gle/2fFhdF3oGKSnDQrh7
【開催日】
2024年3月16日(土) 13:00~16:00
【会場】
国際基督教大学 東ヶ崎潔記念ダイアログハウス 2F 国際会議場
https://www.icu.ac.jp/about/campus/
【プログラム(予定)】
第1部 事例発表会

① 地域団体等による学生の受入事例
・三鷹市立第二小学校
② 学生団体による地域連携・地域活動
 ・ICU地産地消プロジェクト
 ・ICU英語教育実践研究会(ICU AFLT)
 ・Manabi-ai
③ 留学生による地域活動
・Glocalみたか
④地域団体と大学との連携
 ・JA東京むさし三鷹地区青壮年部
⑤ 近隣市区におけるサービス・ラーニングの取り組み
・ICU 黒沼敦子 特任助教

※ほか、調整中
第2部 意見交換・交流会(茶菓あり)

【参加費】
500円(交流会の茶菓実費)
【開催言語】
日本語
【お申込】
下記のフォームからお願いいたします
https://forms.gle/2fFhdF3oGKSnDQrh7
【主催】
「ICU×地域」域学連携研究会
文責: 事務局:米川充 ID01
ICU地方創生研究会は、ICU同窓生及び在学生による研究チームですが、第1回は2名の在学生の事例発表を含め、盛況のうちに終了しました。
様々な年代の同窓生が北海道や関西からもご参加いただき、とても有意義な事例報告&交流会となりました。今回のご縁をこれからもひろげていきたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
<目 的>
近年、地方創生の現場に関わるICU同窓生、学生が増えています。そこでこれらの方々の「地方に関心を持ったきっかけ」や「今取り組んでいる活動」、「これから目指したい事」などを伺い、その後、参加者のみなさんとグループディスカッションをしながら学び合う「事例報告&交流会」を開催します。
色々な取組み事例のこれまでとこれからについてシェアしながら、多角的な経験や視点、リソースをもちよって、これからの地方創生の可能性について考えます。
<日 時>
令和6年3月2日(土) 午前10時~正午
武蔵野プレイス フォーラムA
※JR中央線 武蔵境駅徒歩2分
<主な対象>
・地方創生に関心のある学生、社会人など
・受け入れ側自治体関係者の方 など
計20名程度
※ICU生、関係者以外も大歓迎です。
<当日の内容(予定)>
・開会挨拶(ICU西尾隆教授)
・事例報告1:松本絢さん(朝日新聞社 09年卒業)
・活動報告2:安島裕大さん(学生)
・活動報告3:渡辺ありささん(学生)
・グループディスカッション
<参加費>
 無 料
<言 語>
 日本語
<お申込み>
下記メールアドレスまでお名前をお送りください。
(件名:地方創生申込)
受領後確認メールをお送りします。
glocalmitaka★gmail.com (★を@に変えてご利用下さい)
<主 催>
 ICU地方創生研究会
<協 力>
 Glocalみたか
***開催に至った経緯***

同窓会のイベントで、色々な同窓生、学生さんとお話しをさせていただき、とても楽しいひと時でした。

当日、地方創生に関連したお仕事、活動をしている同窓生、学生の方が何名かいらっしゃいました。
みなさんICU生ならではの視点でユニークな活動をされており、それぞれの取組み事例をシェアして、グループディスカッションをしながら「ICU生」がその経験や視点を活かして地方創生で担える役割を考えられたら面白いね!という事で下記のイベントを開催いたします。

また、先日の懇親会でのお話しを聞いて「ICU生らしさ」についても、私もできる範囲で若い世代にも引き継いでいきたいと思ったので、そういった機会にもなればと思います。
ちなみに運営は西尾隆先生、同窓会の米川さんと私の3名で行います。

文責:角間裕 ID93

Olden Gate Quartet (オールデン・ゲート・カルテット、OGQ)はグリークラブOBの6期(1962年卒)田中 裕さん(ベース)、河村栄一さん(バリトン)、8期(1964年卒)池央耿さん(リードテナー)、小菅敏夫さん(トップテナー)が結成、一時活動休止期間を経て2000年に再結成したグループです。
2012年3月にICU同窓会主催の6期生の「卒業50周年記念式典」が開催された際、参加していた河村栄一さんが私に「広島でOGQのコンサートを開催したいんだけど」と話してくれました。

OGQの演奏が広島で聴けるんだと思った時のうれしさが広島での受け入れの手配に大きな推進力となり、会場と共演してくれる合唱団を決め、第1回のOGQコンサートを2014年5月に開催しました。

演奏会前日にはOGQの直前練習と共演の女声合唱団The Sweet Resonance(SR)との混声合唱曲の調整•仕上げを広島流川教会で行いました。流川教会での演奏会はOGQとSR、そして聴きに来てくださったお客様にとりましても、大変満足のいくものでした。
(コンサートの報告は以下をご参照ください。 https://www.icualumni.com/event/6934

演奏会終了後、20人でいっぱいになるフランス料理店での打ち上げでは、みんな「弾けた」感じで「来年も演奏会をやりましょう!」と盛り上がり、2015年10月に広島市での2回目の演奏会「OGQ 300歳記念コンサート」(OGQメンバー全員が75歳だったので300歳)をSRとの共演で開催しました。3回目は2017年に開催し、4回目は2020年に予定していましたがコロナの影響で取り止めました。

4回目の仕切り直しの機会をうかがっていたところ、とても残念なのですが、2023年10月に池央耿さん、12月には小菅敏夫さんが逝去されました。
小菅敏夫さんの奥様あけみさん(13期)から、小菅敏夫さんの友人、知り合いの方々にOGQの演奏を聴いてもらえるようYouTubeにアップすることはできないでしょうか、とのお話がありました。
この素敵な提案にOGQの河村栄一さん、田中 裕さんも賛同し、打合せの結果、池さんと小菅さんを追悼するためのYouTubeを「OGQ 300歳記念コンサート」での4曲の録音を採用して制作&アップいたしました。

多くの同窓生やご家族の皆さんに視聴していただければ、池さん、小菅さんへのこの上ない「追悼」になります。
https://www.youtube.com/watch?v=bpqOjSrHv3k
OGQコンサート

どうか、よろしくお願い申し上げます。
文:岩田啓作(6期)

はじめまして、ID12の長谷川ゆみと申します。

私は正進社という教材の出版社で編集をしており、現在、“包括的性教育”の教材『コロカラBOOK』をつくっています。

この度、その『コロカラBOOK』を全国の中学校に届けるためのクラウドファンディング「#学校で性教育を」を12月1日より開始しましたので、お知らせします。

プロジェクトにご共感いただけましたら、ご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

▼クラウドファンディング概要

日本全国の3万人の中学生(全体の1%)に、包括的性教育の教材『コロカラBOOK』を届けることを目指します。

◼︎実施期間:2023年12月1日(金)〜2024年1月15日(月)
◼︎目標金額:600万円
◼︎プラットフォーム:GoodMorning
◼︎URL:https://camp-fire.jp/projects/view/681900

・支援200円につき『コロカラBOOK』1冊を中学生にお届けします。
・リターンにかかる費用や手数料などは弊社で負担し、いただいたご支援は全額中学生へお届けするために使用します。
・対象先の学校を募り、学校単位でまとめてお届けします。
・お届けした『コロカラBOOK』は、2024年4月以降、学校の授業でご使用いただきます。

▼#学校で性教育を

「性」は、あらゆる人の人生に深く関わる重要なテーマであるにも関わらず、現状ほとんどの学校ではじゅうぶんな性教育が行われていません。

一方で、子どもたちはインターネット上などの不確かな情報に囲まれています。そのような中で日々戸惑い、傷つき、そのことを誰にも相談できないでいる子どもたちがたくさんいます。

また、8割以上の保護者は包括的性教育の内容を学校で学んでもらいたいと考えています。

こうした実態を踏まえ、弊社では中学校で使うための包括的性教育の教材の開発を進めてきました。

日本で育った人の多くが「走れメロス」のストーリーを知っているように、学校で教えられたことはその世代や時代に「共通の認識」を形作っていきます。性教育に関しても教室のみんなで学ぶことができれば、たとえば「ズボン下ろしは性暴力である」「恋愛感情をもたない人もいる」といった共通の認識が醸成されていくはず。

そのことが、これからの子どもたちが互いを尊重しあい、安心して生きていける社会の実現につながると考えています。

▼「包括的性教育」とは

包括的性教育の目的は、学習者のウェルビーイング(幸福)の実現です。

そのために、からだの変化や生殖のしくみだけでなく、からだの権利・ジェンダー・性の多様性・コミュニケーション・性暴力など、幅広い分野の知識を扱います。

さらに、それらの知識に基づいてよりよい選択をしたり、自他ともに尊重される関係性を築いたりするための態度やスキルの獲得を目指します。

『コロカラBOOK』は、包括的性教育の国際的な指標として知られる『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(ユネスコ)を参照して作られています。

▼先生が教えるの大変では?

たしかに、性教育を専門に学ばれた先生は決して多くないのが実情です。そんな中で、担任の先生がいきなりご自身で性教育の授業を実施するのは簡単ではないでしょう。

そこで、『コロカラBOOK』は、性教育の経験がない先生にも安心してご使用いただけるよう工夫しました。本の前半「教室で観よう」では、先生は“進行役”。専門的な内容は、助産師で性教育YouTuberのシオリーヌさんがすべて動画で解説してくれます。

また、本の後半は「自分で読もう」といって、もっと知りたいことや何か悩んでいることがあるときに生徒が自分ひとりで読むパートになっています。授業のあとでさらに知識を深めるために読んでもいいですし、必要に応じて調べものに使うこともできます。

▼監修者・著者 ※敬称略

■監 修 :高橋幸子(産婦人科医)
■相 談 :水野哲夫(一般社団法人“人間と性”教育研究協議会代表幹事)
■動画出演:シオリーヌ(助産師・性教育YouTuber)
■著者
  TOPIC 1, 2 :アクロストン(医師)</span
  TOPIC 3, 4 :渡辺大輔(埼玉大学基盤教育センター准教授)
  TOPIC 5, 6, 7 :中谷奈央子(フリーランス性教育講師)

クラファンURL:https://camp-fire.jp/projects/view/681900

文:ID12 長谷川ゆみ

皆様に於かれましては、ご健勝にお過ごしの事とお慶び申し上げます。

先に出展者応募をご案内致しておりました当展示会ですが、いよいよ下記の通り開催の運びとなって参りました。

当展示会はICU卒業生有志が趣味とする絵画、書、陶芸品、工芸品、写真等の作品を持ち寄り、学友や幅広い人達との出会いや語らいを楽しむ場として過去開催回数を重ねて参りました。前回開催の2019年よりコロナ禍の為に一時中断しておりましたが、今回が第17回目の開催となります。

会場は今回からJR有楽町駅前の東京交通会館内へと変更となりましたが、アクセスも極めて容易です。出展者一同皆様のご来訪をお待ちしております。

会期:2024年(令和6年)2月4日(日)~10日(土)

10時~19時まで(但し初日は12時30分から、最終日は16時まで)

場所:東京交通会館 2 Fギャラリー

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1

TEL: 03-3212-2931 (代表)  03-3215-7962 (会場直通)

・J日・有楽町駅(京橋ロ、中央ロ)徒歩1分

・メトロ有楽町線・有楽町駅(DB出口)徒歩1分

・丸ノ内線、銀座線、日比谷線の銀座駅 (C9出口)徒歩3分

油絵、墨画、水彩などの絵と、書、陶芸、能面、写真など多様なジャンルの作品をお楽しみいただきながら、学友を超えて、多くの方々との新たな出会いと語らいの場を生み出したいと私たちは願っております。是非ご来場いただきたく、ご案内申しあげます。

・出品者(カッコ内は卒業期)

大島偕美( 4 ) 酒井忠昭( 6 ) 加治優子( 6 )
渡辺幸子( 6 ) 濱田堯子( 9 ) 山本幸子( 9 )
野村 彰男( 11 ) 田邊友紀恵( 11 ) 越智直樹( 12 )
柴田 槇子( 13 ) 島  博( 13 ) 古河美起子( 13 )
内海 陽子( 13 ) 内田 寛( 15 )

連絡先

野村彰男 080-5674-0717 e-mail: anomura★asahi.email.ne.j0 (★を@に変えてご利用下さい)

越智直樹 080-5042-8001 e-mail: n.ochi★jcom.home.ne.jp

文責:越智直樹12期

 

公演内容

2人芝居の舞台作品です。出演者は日本人ですが、英語での上演になります。
井上ひさし氏の作品です。
原爆が落ちた3年後の広島で一人生き残った若い女性が、自分だけ幸せになってはいけないのではないかと考えて暮らしているところに、死んだ父が亡霊として現れ、娘と暮し、娘を励ましていく…設定としてはコメディですが、心温まる物語です。

場所

東西線の神楽坂駅から徒歩5~7分程度の場所です。オフィスビルの地下です。客席は50~60人程度になる予定です。

金額

2000円(税込み)

予約・支払方法

予約や支払いはチラシのQRコードから行って頂くか、メールで行っていただく方法の2種類です。当日券は予約でいっぱいになる可能性もあり。販売できるかどうかわかりません。

このため当日お越しいただいて満席だった場合はキャンセル待ちとなります。

公演日程

12月6日(水) 19時~

12月7日(木) 19時~

12月8日(金) 19時~

12月9日(土) 13時~

12月9日(土) 18時~

***Message from Yoko Narahashi***
HELLO!! ALUMNI of ICU!!
I graduated ICU in 1969.   Acted in some things there.   I felt then that there were not enough people speaking ENGLISH and to this day I still feel this!!!
At any rate.. I am directing a small production of 父と暮せば by INOUE HISASHI in English.  It is performed around the world.   I do hope you have a chance to come see it!
Very best,
Yoko Narahashi
文責:奈良橋陽子 ID69
StageAct_Face of jizo_Dec6-9 <== Click here if you’d like to download the flier.