ICU献学70周年を覚える記念碑的証言集の発刊!『われら主の僕―リベラルアーツの森で育まれ』

「献学以来3万人の卒業生を送り出してきた国際基督教大学は、牧師をはじめ数多くの伝道者を輩出してきたことでもよく知られる。この特異な学舎で彼らの献身の志はいかにして育まれたのか。70名余りの卒業生たちの、遺稿も交えて記される興味尽きない証し。」

これは、この2月末に新教出版社から発売されたばかりの『われら主の僕―リベラルアーツの森に育まれ』の本の帯の文言です。ICUは別に牧師養成大学ではありませんが、ここから牧師・伝道者になる人が多く出ているのです。それもみなさん重要な働きをしている方々ばかりです。初期の卒業生で天に召される方々も出てくる中、早く「証言集」を集めようという動きが数年前から起こっていました。さらにそれを一冊の本にまとめて出版しようという展開になり、その仕事を同窓会支部の「ICU伝道献身者の会」が引き受けることになったわけです。ニューヨークのJICUFにも支援していただき、宗務部・図書館はじめ、多くの学生さんや先生たちの協力も得て、支部の委員の方々の努力もあってやっと完成するに至りました。

この本を「偉い先生方の説教集」だと勘違いなさっている向きもあるようですが、全く違います。このキャンパスで一人の学生として、如何に生きるかを真剣に考え、キリスト教と出会い、さらには自分の人生を伝道のために献げようとするまでに至った心の軌跡を証言している「文集」です。「この本は学生たちこそ読むべき本だと思いました」との感想を寄せた方がいます。この本の中に、学生たちは自分たちと同じ「青年」を見出す事でしょう。

牧師・伝道者になるということは、経済的に貧乏暮しをするというのが一般的には相場です。ICUの卒業生は皆さん優秀で多くの方々が「社会的成功者」になっておられます。大変素晴らしいことです。そこから見ると、伝道献身者になるというのは、「貧乏くじ」を引くようなものです。しかし、私たちはこれを「聖なる貧乏くじ」と呼んでおります。お隣に東京神学大学がありますが、ICUを卒業した後そこに入学する人が常にいます。ICUから東神大に向かう暗い小径がありますが、これは「出家の道」と呼ばれています。東神大でなくともそれぞれの「出家の道」を選んで、伝道のために全人生を献身する人がこの大学には少なからず居ます。そういう人たちがこの大学から出るというところに、(この本の中のコラムで元東大総長の矢内原忠雄先生も書いておられますが)大学名に堂々と「キリスト教」と入っている国際基督教大学、そのど真ん中に「C」とあるICUの、まさに真骨頂ではないかと思っております。献学70周年という節目の年に「キリスト教」と「世界平和」を建学の理念として建てられたICUのまさに「原点」を改めて振り返るという意味でも、これは「記念碑的な出版物」になるのではないかと思います。(分量の関係で今回は1期から35期生まで約70名の証言集でしたが、さらに素晴らしい方々が続々とおられますので近い将来第二弾も出るものと思います。)

同窓生の皆様にも、また現役学生たちにも、是非この本を手に取って読んで頂きたいと思います。(*キリスト教関連書は一年で千部が出れば「ベストセラー」とのことですが、この書は発売一ヶ月半で既に「ベストセラー」になっています!)

本『われら主の僕』(チラシ)

https://www.amazon.co.jp/われら主の僕:ICU伝道献身者の会:
https://www.shinkyo-pb.com/books/われら主の僕

文責:同窓会「ICU伝道献身者の会」支部長有馬平吉(18期)
事務局 梅津裕美(27期)

 

観桜季節のICUキャンパス入構について、以下の大学ウェブサイトをご確認ください。

2024年3月14日付け「本学の観桜について」

https://www.icu.ac.jp/news/2403141200.html

2月2日(金)は入試準備による学内立ち入り禁止のため、ICU同窓会事務局は閉室となり、事務局員はリモート勤務となります。ご連絡はメールにてお願いいたします。

ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ICU同窓会事務局

 

ICU同窓会では、それぞれの分野で活躍され、大学および同窓会の魅力度・知名度を高めることに貢献した方々を、毎年「DAY (Distinguished Alumni of the Year)」として表彰しています。第19回となりますDAY賞2024の受賞者は以下の皆様です。表彰式は、2024年3月30日(土)開催の同窓会「桜祭り」にて行われる予定です。
※桜祭り詳細> https://www.icualumni.com/event/16801

受賞者 (敬称略)

  • 吉川 元偉 YOSHIKAWA, Motohide (18期 ID74 社会科学科。国際基督教大学 特別招聘教授)
  • 八田 陽子   HATTA, Yoko (19期 ID75 語学科。味の素株式会社、広栄化学株式会社、および日本製紙株式会社社外取締役。小林製薬株式会社社外監査役。ICU評議員)
  • ウィリアムズ(半田)郁子 WILLIAMS (HANDA), Ikuko (26期 ID83 語学科。英国国教会司祭、聖路加国際病院非常勤チャプレン)

*吉川様のID記載に誤りがございました。正しくは、ID74です。お詫びして訂正いたします。

受賞理由

吉川 元偉 YOSHIKAWA, Motohide(18期 ID74)

元外交官。ICUでは「外交官になって平和に貢献したい」との強い思いから、国際法を勉強し、1974年に外務省に入省。スペイン留学ののち、アルゼンチン、英国、フランス、タイ、米国等での勤務を経て2006年にスペイン大使に就任。その後も初代アフガニスタン・パキスタン支援担当大使、経済協力開発機構(OECD)代表部大使、国連大使・常駐代表などの要職を務めたのち、2016年に外務省を退官。翌年からは、ICUの特別招聘教授を務めつつ、外交官や国際公務員を目指す学生の育成に努力している。スペイン、アルゼンチン、モロッコ、モンゴルより叙勲され、英語の他、スペイン語、フランス語も堪能。

Professor Yoshikawa: An ex-diplomat. With a strong desire to become a diplomat and contribute to the peace, he studied International Law at ICU and joined the Ministry of Foreign Affairs in 1974. After having studied Spanish in Spain and worked in Argentina, the UK, France, Thailand, the US, he was appointed as Ambassador to Spain in 2006.  Later, he held various important ambassadorship such as the first Special Representative for Afghanistan and Pakistan, Ambassador to the Organization for Economic Co-operation and Development (OECD) in Paris, and Ambassador/Permanent Representative to the United Nations in 2013. After retiring from the Ministry of Foreign Affairs in 2016, he has been serving as Distinguished Professor at ICU from 2017. At ICU, he has been helping those students who aim for careers as diplomats or international civil servants. He received decorations from Spain, Argentina, Morocco and Mongolia. He is fluent in English, Spanish and French.

八田 陽子 HATTA, Yoko(19期 ID75)

味の素株式会社、広栄化学株式会社、および日本製紙株式会社社外取締役。小林製薬株式会社社外監査役。ICUでは語学を専攻。卒業後子育てをしながら米国公認会計士の資格を取得し1988年に、Peat Marwick Main & Co. (現KPMG LLP NY)に入社。主に日本企業の米国子会社向けに「米国の税務」サポートを行った。2002年に帰国後は、ピートマーウィック税理士法人(現KPMG税理士法人)のパートナーとして主に価格移転問題を担当した。NY在住時はICU同窓会北米部支部長。
今年5月までICU(大学の)監事を15年間務めた後、現在も大学評議員を務めるなど母校への直接的貢献を続けている。

Independent Outside Director for Ajinomoto Co., Inc., Koei Chemical Co., Ltd., Nippon Paper Industries Co., Ltd., Outside Audit and Supervisory Board Member of Kobayashi Pharmaceutical Co., Ltd.    At ICU, she majored in Language. After graduating and spending time as a family person, she joined KPMG LLP in New York in 1988 where she provided tax services mainly for US based subsidiaries of Japanese firms.  When she returned as a partner of KPMG Japan, she mainly supported tax issues in the transfer pricing area.  She Contributed to ICU as Chairperson of ICU Alumni Association in the Americas during her stay in NY.
She served as Auditor of ICU for 15 years until May this year.  She is continuing serving as a Councilor of ICU.

ウィリアムズ(半田)郁子 WILLIAMS(HANDA), Ikuko(26期 ID83 語学科)

ICU卒業後、1989年に渡英。リーズに30年居住。2008年に日本人女性として初の英国国教会司祭となり、その後リーズ大学病院でチャプレンを務める。第二次世界大戦の日本軍捕虜収容所で過酷な体験をした元戦争捕虜の英国人との出会いを通じ、戦争の負の歴史に向き合い人と人が和解すること大切さを身をもって示してきた。2019年帰国後、キリスト教教派間の対話、夫である現ICU副学長マークウイリアムズ氏が推進する日韓学生の交流プロジェクト、ICUの学生・教職員と続けてきた読書会、ICU和解フォーラムと呼んで開催する講演会や夏リトリートなどに携わり、一貫して「和解」を課題とした活動を展開。またICU内の自宅や、教員と卒業生と組んで毎月開く「てばなすぺーす」と呼ぶオンラインの集まりにて、ICUの伝統でもある学生との対話を続け、多くの学生に寄り沿い続けている。

Revd Ikuko Williams lived in Leeds, UK for 30 years from 1989. In 2008, she was ordained as a priest for in the Church of England, as the first Japanese woman to do so, and later served as a health care chaplain at the University Hospitals of Leeds. Through encounters with former prisoners of war, who were living with trauma-turned-anger from their experiences in Japanese prisoner of war camps during World War II in Southeast Asia, and through the unexpected experience of reconciliation with them, she has been advocating the importance of reconciliation between individuals living with the negative history of war.
Since returning to Japan in 2019, she has consistently promoted activities to encourage discussion on the theme of “reconciliation,” such as organizing various book groups, speaker-events and summer retreats under the name of the “ICU Reconciliation Forum”, contributing to an exchange project between Japanese and Korean students organized by her husband, current ICU Vice President Mark Williams, and practising ecumenical Christian ministry. In addition, she continues to offer a listening presence and spiritual support for students, at her home in ICU, which is part of ICU’s tradition, and through ‘Tebanaspace’, a monthly online listening space which she co-runs with a member of faculty and a graduate.


歴代DAY受賞者一覧

DAY賞候補者をご推薦ください

 

ICU同窓会・DAY賞選考委員会
ICU Alumni Association / DAY Selection Committee

クリスマス・年末年始の休業のお知らせ/Christmas & New Year’s Holidays

  • 同窓会事務局は、以下の期間を休業とさせていただきます。
    2023年12月23日(土) - 2024年1月8日(月・祝)
    お問い合わせはメールでお願いいたします。休業明けより順を追って返信させていただきます。
  • Alumni Association Office will be closed due to Christmas and New Year holidays. We wish you a safe and happy holiday season.
    December 23th (Sat.), 2023 - January 8th (Mon.), 2024

インド支部バカ山会立ち上げに向けて

発展目覚ましいインドに在住の支部設立を目指して同窓生がたちあがりました。 残念ながら同窓会への登録住所ではインド在住者は多くありませんが、 留守宅住所の登録のままになっている方が多数であると想像します。 実際には意外にも近くにICUの仲間がいるかもしれませんよ。 同窓会はこのような活動を支援いたします!

===

はじめまして、現在デリーに在住しております、ICU35期(ID91)の平川武通と申します。 この度、ICU同窓会インド支部設立に向けて、「インドバカ山会」を立ち上げることと致しました。 現在デリーNCRに7名のICU同窓生がいることが分かり、その内5名で最初の懇親食事会を先日開催しました。 成長著しく、日系企業の進出も急速に進んでいるインド。 デリーNCRにもそれ以外の地区にも、多くのICU同窓生がいらっしゃることと思います。 是非インド在住ICU同窓生の輪を広げましょう。 まずは名簿の作成、インド支部としてのICU同窓会への登録を行いたく。 当面の活動としてはデリー近辺での懇親会を考えております。デリー以外に在住されている方が出張等で来られる日に設定するなど、多くの方が集まれる様工夫したいと思っています。 趣旨にご賛同いただける方は、下記連絡先にご一報いただけますでしょうか。 多くの方のご参加をお待ちしております。

代表:平川武通 35期ID91 SS ラグビー部
連絡先:野津賢成 40期ID96 SS 水球部
メールアドレス:icu.alumni.india(a)gmail.com   (a)を@に変えて送信してください。

 

文責:平川武通 (ID91)、野津賢成(ID96)

国際基督教大学では、嘱託職員(サービス・ラーニング・センター職員)を公募しておりますので、ご案内いたします。

募集内容の詳細につきましては、以下リンクをご参照ください。

https://www.icu.ac.jp/recruit/

本件お問い合わせ先:
国際基督教大学人事グループ 職員採用担当
Tel:0422-33-3014
e-mail: oubo@icu.ac.jp

このたび国際基督教大学では、専任職員を公募しております。
募集内容の詳細につきましては、以下リンクをご参照ください。
【大学専任職員(総合職)】
本件お問い合わせ先:
国際基督教大学人事グループ 職員採用担当
Tel:0422-33-3014
e-mail: oubo@icu.ac.jp

ICU同窓会の今と未来を同窓生みんなで考えよう! ~「明日の同窓会プロジェクト」

国際基督教大学同窓会は、発足から67年を迎えました。同窓生の数も3万人を超え、その組織の在り方や運営体制などに深刻な課題を抱えています。その解決のために、同窓会理事により「明日の同窓会」プロジェクトを進めています。

同プロジェクトを牽引する同窓会会長・廣岡敏行が、次の70年を見据え、同窓会活動の持続性と向上を目指した体制案や対策案などを同窓生の皆さんと共有します。

オープンな意見交換の場となるよう、積極的なご参加をお願いします。

日時

    1. 2023年11月11日(土)10:00-11:30 JST オンライン
    2. 2023年11月19日(日)13:00-14:30 JST オンライン
    3. 2023年12月2日 (土) 14:00-15:30(開場13:30~)JST 対面開催@アラムナイラウンジ(この回のみオンラインなし)
    • 3回とも同じ内容です。ご都合の良い日時でご参加下さい。
    • 複数回のご参加も歓迎です。
    • 当日飛び入りでのご参加希望には応じられません。予めご了承ください。

場所

対面開催の場合、ICUキャンパス内、アラムナイハウス2Fラウンジ(地図参照)

https://www.icualumni.com/about/office/

お申し込み

事前申し込みはこちらから(各日開催日2日前まで)

https://forms.gle/FxfjyXkg9zTkY84d7

    • オンライン開催日の場合、前日までに参加用URLをお知らせいたします。

スピーカー

ICU同窓会会長 廣岡敏行(ID87)

主催

ICU同窓会

国際基督教大学では、嘱託職員(ファンドレイジング担当)を公募しておりますので、ご案内いたします。

募集内容の詳細につきましては、以下リンクをご参照ください。

https://www.icu.ac.jp/recruit/

本件お問い合わせ先:
国際基督教大学人事グループ 職員採用担当
Tel:0422-33-3014
e-mail: oubo@icu.ac.jp

このたび国際基督教大学高等学校では、グローバル教育コーディネーター(非常勤)を公募しております。
募集内容の詳細につきましては、以下リンクをご参照ください。

【 グローバル教育コーディネーター(非常勤) 】
https://icu-h.ed.jp/news/archives/210225_000778.html

文責:国際基督教大学高等学校 事務室

一緒に作りませんか?ICUらしい同窓会

これからの同窓会を一緒に作る仲間を募集します
2024年度・2025年度

同窓生の皆さまには、日頃より同窓会並びに母校のためにご協力を賜わり心よりお礼を申し上げます。
同窓会役員は、会長1名、各部担当副会長(10名以内)、理事(10名~30名)、監事(2名ないし3名)および評議員(50名以上)で構成されることとなっており、今期の理事、評議員、監事の任期は、定款の定めにより、次期総会(2024年3月30日)までとなっております。
2024年度・2025年度の候補者推薦作業につきましては、定款の定めにより、ICU同窓会役員選考委員会(委員長:太田信之33期)が担うことになっており、現在、理事・評議員等改選にむけ、候補者の推薦作業に取り掛かっております。

選考委員会では、ICUの理念・哲学を実践している同窓会会員を対象として、以下の基準に沿って、理事、評議員、監事の推薦作業を進めることと定めました。

  1. 組織構成上の課題の解消
    1. 多様性の推進
      • 女性比率の向上(現在全体の44%、前体制では45%弱)
      • 9月生の増加
    2. 新規役員の発掘
  2. 専門領域での貢献
    1. 専門性
    2. 革新性
  3. 物理的なコミット(同窓会活動への実際の参加、オンライン含む)

選考委員会では、今後、候補者リストを作成し、今年度の総会(2024年3月30日)にその選任をお諮りさせていただく予定ですが、同窓生の皆さまに、候補者のご推薦を賜りたく(自薦・他薦を問いません)お願い申し上げます。ご推薦いただけます場合には下記「候補者推薦フォーム」にてご回答ください。

同窓会理事・評議員・監事の任期、役割、年間の主な活動、各部会活動詳細

なお、推薦作業の経過などにつきましては、お問い合わせいただきましても、お答えすることはできませんので、その点、予めご承知おきいただきたく、あわせてお願い申し上げます。

同窓会の成長、発展を担っていただける方々を選考できますよう皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

ICU同窓会役員選考委員会委員長 太田信之(33期、1989年卒)

候補者推薦フォーム
推薦期限:2023年10月31日(火)
推薦を行えるのは、同窓会正会員に限ります。