JICUF助成金にご応募ください!

JICUF助成金にご応募ください!

JICUF(日本国際基督教大学財団)は、ICUの学生、教員、同窓生を対象とする助成金プログラムを運営しています。現在、2022年度春学期の関心表明フォームを受付中です。

持続性(サステナビリティ)、DEI(多様性・公平性・包括性)、平和の構築のJICUFの三つの重点分野のいずれかに関わるプロジェクトのご提案をお待ちしています。

詳しいガイドラインはこちらでご覧ください。

応募締切は2022年5月10日(火)です。まずは期限までに関心表明フォームをご提出ください。

日本語でのご質問はinformation@jicuf.orgにお寄せください。

 

Apply for a JICUF Grant!

Applications are open for the Spring 2022 term of the Japan ICU Foundation (JICUF) grants program! ICU students, faculty, and alumni are invited to apply.  JICUF supports projects that advance our mission and focus on one or more of the following areas: (1) sustainability, (2) DEI (diversity, equity, inclusion), and (3) peacebuilding.

Detailed guidelines are available here.

The deadline to submit an interest form for the Spring 2022 term is Tuesday, May 10th, 2022. If you have questions about grants, please contact JICUF Program Manager Fernando Rojas at frojas@jicuf.org

文責:JICUF

同窓会事務局は以下の期間、GW休業として閉室いたします。

お問合せ等はメールでお願いいたします。開室後に順を追って返信いたします。

ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

休業期間:4月29日(金)~5月8日(日)

 

The Alumni Association Office will be closed during following period due to Golden Week in Japan.

Emails will be answered right after we reopen the office.

Sorry for any inconvenience it may cause.

Closed period: April 29 (Fri.) – May 8 (Sun.)

 

Alumni Association Office

English follows Japanese.

コロナ感染状況と大学のキャンパス入構制限に基づき、長らく閉室となっておりました同窓会事務局(アラムナイハウス2階)ですが、今週より1名体制にて開室いたしました。
これにより電話応対が可能となりました。
長らくご不便をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。
開室時間は以下のとおりです。

月~金 10:00-12:00,13:00-16:30 祝祭日を除く

■当面はリモートワークとの併用となりますので、お問合せ等はできるだけメールでお願いいたします。
■ミーティング中や離席等のタイミングもありますことを予めご了承ください。
■ご用事で来訪の際はあらかじめメールにてご予約ください。

同窓会事務局

 

The Alumni Association Office is now open with limited number of staff and hours.
Office hours: Mon-Fri 10:00-12:00, 13:00-16:30 except national holidays

■Inquiry by email is still recommended due to limited number of staff present at the office.
■There may be time staff can not attend due to meeting or other duties.
■Appointment is recommended for your visit.

ICU Alumni Association Office

感染予防のため学生以外の大学キャンパスへの入構禁止が続いておりましたが、この度同窓生に限り、キャンパスへの入構が可能になりました。

但し、新学期で学生がやっとキャンパスに戻ってこられる時ですので、学生へのご配慮をお願いいたします。

  • 1グループ4名まで
  • 食堂、D館ラウンジを含む建物内には立ち入りをご遠慮ください
  • マスクを着用してください
  • 滞在は1時間以内で

以上の条件を了承したうえで、行政事務グループへメールで事前にご連絡ください。aag@icu.ac.jp

*なお、3月31日から4月7日の間平日は新入生オリエンテーションが開催されておりますため、平日入構はご遠慮ください。

 


2022年3月26日(土)の同窓会桜祭りは今年もオンライン開催となりましたが、

無事終了いたしました。

桜祭りの第2部で、ICUのマクリーン通りで、咲き誇った桜の下、実況中継をしてくださった

ICU祭実行委員が、ICU祭開催に向けて、皆様からのご芳志を募りたく、

下記Google -formのURLからご寄付の受付をしております。

https://forms.gle/JFHzVTTv7Var3VMAA

ICU祭実行委員会のTwitter(https://twitter.com/ICU_festival)でもご案内しております。

(Google-formから申し込みをしていただくと、ご登録のメールアドレスに振込先銀行口座の

ご案内が届きます)

皆様の温かいご支援をいただけましたら幸いです。

ICU同窓会


(Volume adjustment recommended.)

Despite many hurdles, the Alumni Association will continue making efforts to bring everyone together.

The Japan ICU Foundation (JICUF) recently relaunched its grants program and invites ICU alumni to apply.
We will support projects that involve and benefit ICU students and/or faculty and focus on one or more of the following areas: (1) sustainability, (2) DEI (diversity, equity, inclusion), and (3) peacebuilding. Detailed guidelines are available here.
There are three application periods each year, and the deadline for the winter term is Friday, January 14, 2022.
If you have questions about grants, please contact JICUF Project Manager Fernando Rojas.


Flyer download >please click the image

Japanese Ver. here

 

JICUF Associate Director, Aki TAKADA

JICUF(日本国際基督教大学財団)は、ICUの学生、教員、同窓生を対象とする助成金プログラムを運営しています。
持続性(サステナビリティ)、DEI(多様性・公平性・包括性)、平和の構築のJICUFの三つの重点分野のいずれかに関わるプロジェクトのご提案をお待ちしています。詳しいガイドラインはこちらでご覧ください。
募集期間は年に3回あり、冬学期の締め切りは2022年1月14日(金)です。まずは期限までに関心表明フォームをご提出ください。
日本語でのご質問はinformation[at]jicuf.orgにお寄せください。


フライヤーダウンロード > 画像をクリック

English ver. here

 

文責: JICUF アソシエート・ディレクター 髙田亜樹

ICU同窓会では、それぞれの分野で活躍され、大学および同窓会の魅力度・知名度を高めることに貢献した方々を、毎年「DAY (Distinguished Alumni of the Year)」として表彰しています。17年目となります2022年のDAY賞受賞者は以下の皆様です。表彰式は、2022年3月26日(土)開催の同窓会「桜祭り」にて行われる予定です。(以下敬称略)

 

並木 浩一 Koichi Namiki 2期 1958年卒

ICU名誉教授。日本で最も尊敬され、功成り遂げた神学者の一人であるだけでなく、聖職あるいは慈善事業、又はミッションスクールに奉職している多くのICU卒業生のメンターでもある。近年の著作は「ヨブ記注解」を始めとする旧約聖書を中心とするものであり、その活動はICUでの講義、論文発表、チャペルアワー説教に留まらず、学外での講演、シンポジウム、教会説教に及ぶ。氏のユニークな神学が、広く社会学、人文科学、詩学、日本学にまでも包含するのは、ICUでのリベラルアーツに根ざすからであろう。

Known as one of the most revered and accomplished theologists in Japan.  He also plays a role as the mentor for ICU alumni engaged in missionary, social works, and education at various Christian institutions.  His current literary works include “A Commentary on the Book of Job” and a series of authorship of the Old Testament.  His accomplishment is not limited to the publication of numerous dissertations, teaching, preaching, and missionary activities at ICU but also extends to the lectures, symposiums, and preaching at churches outside of ICU.  His unique scope of theological academism embraces sociology, politics, humanities, poetry, and Japanology which might have stemmed from the “liberal arts” nurtured at ICU.

 

 

東 哲郎 Tetsuro Higashi 16期、1973年卒

元東京エレクトロン(株)会長・社長。ICU時代は哲学、経済史を主に学び、ICU卒業後は東京都立大学大学院(日本経済史)へ進学、研究者を志す。しかし、4年間大学院に在籍後、27歳で当時のベンチャー企業である東京エレクトロン(株)に入社。46歳で社長に抜擢され、同社を世界的半導体製造装置メーカーへと大きく成長させた。他に日本並びに世界の業界団体会長を務めるとともに、経産省の半導体・デジタル産業戦略検討会議座長等を歴任。2020年春の叙勲で旭日重光章を受賞。2021年4月には日本経済新聞『私の履歴書』を同窓生として初めて執筆した。

Former Chairman and President of Tokyo Electron Limited.  During the ICU era, he mainly studied philosophy and economic history, and after graduating from ICU went on to graduate school at Tokyo Metropolitan University (Japanese economic history) and aspired to be a researcher.  However, after enrolling in graduate school for four years, he joined Tokyo Electron Limited, a venture company at the time, at the age of 27.  He was appointed president at the age of 46 and has grown the company into a global semiconductor manufacturing equipment manufacturer.  In addition to serving as chairman of industry groups in Japan and around the world, he has also served as chairman of the Semiconductor and Digital Industry Strategy Review Conference of the Ministry of Economy, Trade and Industry.  Awarded with the Order of the Rising Sun, Gold and Silver Star in 2020.  In April 2021, he was the first alum to write “My Personal History”(watashi no rirekisho) on the Nikkei Newspaper.

 

平井 一夫 Kazuo Hirai  27期 1984年卒

ICUで国際法を学び、1984年に卒業後CBS・ソニー(現 ソニー・ミュージックエンタテインメント)入社。1994年にソニーミュージックNYオフィス、その後ソニー・コンピュータエンタテインメント米国法人社長を経て、2007年ソニー・コンピュータエンタテインメント(現 ソニー・インタラクティブエンタテインメント)社長。2009年からソニー(現 ソニーグループ)EVP、2011年副社長、2012年からの社長兼CEO在任中に歴史的ターンアラウンドを実現。2018年会長、2019年よりソニーグループシニアアドバイザー。2021年『ソニー再生』刊行、全ての収益は子供の貧困や教育格差の解消のために自ら立ち上げた一般社団法人プロジェクト希望を通じて寄付される。ICU知名度向上、大学・同窓会活動にも大いに貢献。

Studied International Law at ICU. Joined CBS/Sony (now Sony Music Entertainment (Japan) Inc. (SMEJ)) after graduation. Moved to SMEJ‘s New York office in 1994. Appointed President and Chief Operating Officer of Sony Computer Entertainment America in 1999 and became President and Group Chief Operating Officer of Sony Computer Entertainment (Now Sony Interactive Entertainment) in 2006.  In 2009, became EVP, Sony Corporation (Now Sony Group Corporation).  After appointed Executive Deputy President in 2011, promoted to President and CEO in 2012 whereby achieving a historic turn around.  He became Senior Advisor, Sony Group Corporation in 2019.  Published “Recreating Sony” (tentative title in English) in 2021 and all proceeds will be donated through ‘Project KIBO (Hope in English)’, which was launched by himself to eliminate child poverty and educational disparities.  Greatly contributed to increasing the ICU name recognition and actively contributed to ICU and Alumni Association activities.

 

井伊 雅子 Masako Ii 30期、1986年卒

医療経済学者、一橋大学大学院 国際・公共政策大学院教授。2005年から現職。アジア公共政策プログラム・ディレクターとしてアジアの若手官僚の育成に貢献してきた。質と財政の両立を計るプライマリ・ケアの構築や不確実性の下での医療に関する意思決定などを研究。コロナ禍で、感染対策に対応できるより良い医療制度構築に向けた提言などを積極的に発信。学外でも日本学術会議会員、NHK経営委員会委員、政府税制調査会委員などを歴任、多方面で活躍している。

Expert of Health Economics and Professor of Hitotsubashi University Graduate School of Economics. Also Director for Asian Public Policy Program, School of International and Public Policy.  After ICU, she received Ph.D. in Economics at Wisconsin University Madison then joined the World Bank.  Her main research subjects are primary care with a balance between quality of healthcare and budget allocation, and healthcare under uncertain circumstances.  Since the Corona pandemic started, she has been proactively speaking out about a better medical care system to manage such situations.  She is also active beyond academic areas, including being appointed to Government’s tax commission member, member of Board of Governors for NHK etc.

 

大久保真紀 Maki Okubo  30期、1987年卒

ジャーナリスト、朝日新聞編集委員。I C U卒業後、同社入社。中国残留日本人が歩んだ厳しい人生、虐待を受けた子供たち、遺伝性難病の患者、性暴力の被害者、12歳で売春宿に売られてHIVに感染し、タイのNGOに保護された少女ら、「様々な社会的弱者の実態を長期間にわたって取材し、報じてきた」ことを高く評価され、2021年度の日本記者クラブ賞を受賞。1995年から受賞の日までに読者から届いた手紙が1554通ということから分かるように、それらの記事は読者の心に届き、大きな支持を得ている。

A journalist, Senior Staff Writer at the Asahi Shimbun Newspapers, the 2021 recipient of the Japan National Press Club Award, which is given to Japan’s leading journalists.  She was highly praised for her “long-term coverage and reporting on the realities of societies.”  Her coverage targets include the Japanese children and women left behind in China after WWII, abused children, patients with hereditary intractable diseases, victims of sexual violence, and girls sold to brothels at the age of 12, infected with HIV, and sheltered by a Thai NGO.  As you see from the 1554 letters received from readers from 1995 to the date of the award, those articles have reached the hearts of readers and have received great support.

 

大塚 桃奈 Momona Otsuka 64期、2020年卒

高校3年時のイギリス留学をきっかけに、服を取り巻く社会問題に課題意識を持ち、ICU在学中もコスタリカ、スウェーデンなどに自ら留学。卒業後、徳島県・上勝町へ移住、現在株式会社BIG EYE COMPANYのChief Environmental Officer(CEO)として、公共複合型施設「上勝町ゼロ・ウェイストセンター WHY」を運営し、併設するホテルにはコロナ禍の中で年間1,200人の宿泊客を集める。2003年に自治体で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」をした人口約1,500人の上勝町で、日々のごみと向き合い、循環型社会の実現を目指す活動に伴走中。

Momona Otsuka is CEO (Chief Environmental Officer) of BIG EYE COMPANY, located in Kamikatsu-cho, a small town in Tokushima known for the Japan’s first town which made “zero waste” declaration in 2003. She is currently managing the town’s key facility for “zero waste” called Kamikatsu Zero Waste Center, consisting of recycling waste bins & stock yard, learning center, collaborative laboratory, and the accommodation facility, and has successfully gathered over 1,200 people from all over Japan in one year to the town with a population of 1,500.

 

DAY賞歴代受賞者

 

ICU同窓会・DAY賞選考委員会
DAY selection Committee

 

This article is revised at 10:39, 2021.12.8

この度、ICU同窓会 大学・募金部とPeace Bell Scholar支部は、ICU Peace Bell奨学金への寄付呼びかけプロジェクトを協働で開始しました。

プロジェクト第1弾として、ICU Peace Bell奨学金への寄付を呼びかけるチラシ「ICUで学べてよかった!その想いを次の世代に繋げたい」を作成しました。オンラインでの呼びかけに加え、Alumni News 2022年3月号に印刷物を同封する予定です。是非、チラシをご覧いただき、想いを受け取ってください。

ICU Peace Bell奨学金(PBS)は、同窓生を中心とする多くの寄付者の方々に支えられ、2008年の給付開始以来、160名を超える学生のICUでの学び・生活を見守ってきました。しかしながら、近年は新たな寄付者が伸びず、持続性が課題となっています。そこで、PBSの趣旨や意義をより多くの方に理解頂き、今後PBSを一緒に支えてくださる方を増やしたいとの想いからチラシを作成するに至ったものです。

チラシには、リユニオンを機に同期生で寄付頂いた22期有志の代表者様と、実際にその奨学金を受けているスカラーのお二人からそれぞれメッセージを寄せて頂きました。また、在学スカラーにも掲載写真の撮影に協力頂きました。

ICU Peace Bell奨学金へのご寄付は、下記の大学ウェブサイトからお申し込みいただけます。今後とも変わらぬご支援のほど宜しくお願い致します。

<国際基督教大学ウェブサイト>

<ICU Peace Bell奨学金についてのお問合せ>

  • 国際基督教大学アドヴァンスメント・オフィス EMAIL: foi[at]icu.ac.jp

<Peace Bell Scholar支部>

<大学・募金部>

  • 同窓会では、母校、国際基督教大学(ICU)への募金活動を様々な面で支援しており(定款 第3条)、大学・募金部が担当しています。
  • https://www.icualumni.com/activities/donation/

チラシダウンロード画像をクリック(PDF)

文:国際基督教大学同窓会 大学・募金部/Peace Bell Scholar支部
長谷川攝(ID80/24期、担当副会長)/藤岡直樹 (ID15/59期)

 

クリスマス・年末年始の休業のお知らせ/Christmas & New Year’s Holidays

  • 同窓会事務局は、以下の期間を臨時休業とさせていただきます。
    • 2021年12月25日(土) - 2022年1月5日(水)
  • Alumni Association Office extra holiday schedule is as follows. We apologize for any inconvenience this may cause. We wish you a safe and happy holiday season.
    • December 25th(Sat.), 2021 - January 5th(Wed.), 2022

新型コロナウィルス感染拡大の状況を鑑み、引き続き、当面の同窓会事務局の窓口業務をメール対応のみとさせていただきます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

期間:国際基督教大学の関係者(学生・教職員・許可を得た方)以外の入構制限が解除されるまで。

  • お問い合わせはメールにてお願いいたします。
  • アラムナイラウンジ利用のご予約は専用フォームでのみ承ります。なお、回答までにお時間をいただくことがございます。ご予約専用フォーム:https://www.icualumni.com/to_alumni/alumnihouse/
  • 問い合わせ案件への回答に時間を要する可能性があります。

以上予めご了承ください。

国際基督教大学の対応については、こちらから。

ご住所、ご連絡先の変更はこちらから。

The teleworking of the ICU Alumni Association Office will continue until the lifting of ICU’s restrictions of the entrance to campus for reducing the risk of the spread of COVID-19 on campus.

All association staff is teleworking from home and the office at the Alumni House is closed.

Please allow us extra time to respond to your inquiry.

Thank you for your kind cooperation and understanding.

Please contact us by e-mails or inquiry form.     Email: aaoffice (at) icualumni.com  (change at to @)

同窓生の皆さまには、日頃より同窓会並びに母校のためにご協力を賜わり、心よりお礼を申し上げます。

同窓会役員は、会長1名、各部担当副会長(10名以内)、理事(10名~30名)、監事(2名ないし3名)および評議員(50名以上)で構成されることとなっており、今期の理事、評議員、監事の任期は、定款の定めにより、次期総会(2022年3月26日)までとなっております。2022年度・2023年度の候補者推薦作業につきましては、定款の定めにより、ICU同窓会役員選考委員会(委員長:佐藤久恵29期)が担うことになっており、現在、理事・評議員等改選にむけ、候補者の推薦作業に取り掛かっております。

選考委員会では、ICUの理念・哲学を実践している同窓会会員を対象として、以下の基準に沿って、理事、評議員、監事の推薦作業を進めることと定めました。

  1. 組織構成上の課題の解消
    1. 多様性の推進
      • 女性比率の向上(現在全体の45%弱、前体制では36%弱)
      • 9月生の増加
    2. 新規役員の発掘
  2. 専門領域での貢献
    1. 専門性
    2. 革新性
  3. 物理的なコミット(同窓会活動への参加)

選考委員会では、今後、候補者リストを作成し、今年度の総会(2022年3月26日)にその選任をお諮りさせていただく予定ですが、同窓生の皆さまに、候補者のご推薦を賜りたく(自薦・他薦を問いません)お願い申し上げます。ご推薦いただけます場合には、下記「候補者を推薦する」ボタンのリンク先のフォームにてご回答ください。
推薦期限:2021年11月18日(木)

同窓会理事・評議員・監事の任期、役割、年間の主な活動、各部会活動につきましては、下記参考情報をご参照ください。

なお、推薦作業の経過などにつきましては、お問い合わせいただきましても、お答えすることはできませんので、その点、予めご承知おきいただきたく、あわせてお願い申し上げます。

同窓会の成長、発展を担っていただける方々を選考できますよう皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

ICU同窓会役員選考委員会委員長 佐藤久恵(29期、1985年卒)。

候補者推薦は締め切りました

推薦期限:2021年11月18日(木)
推薦を行えるのは、同窓会正会員に限ります

 

【参考】
理事・評議員・監事の任期
  • 総会において承認されてから2年間。
理事の役割
  • 定期理事会(年11回。8月を除く。原則として第3水曜日。)、定期評議員会(年2回、2月と9月)に出席する。
  • 定期理事会においては、1)総会や評議員会に付議する事項について審議する。具体的には、年間業務計及び予算の策定、年間業務計画の実行と報告書の作成及び決算書の作成等、2)年間活動方針に則った業務の進捗についての情報交換、同窓会・大学・在学生を支援する様々な施策の検討と実施を行う。
  • 部会または専門委員会に所属し、同窓会活動の運営や諸活動の調整を行う。
評議員の役割
  • 年2回の定期評議員会に出席(議決権の委任、オンライン経由での参加を含む)し、理事会より提出された事項について審議し、同窓会の活動や方針等について理事会に助言を行う。
  • 部会等に所属する場合は、その活動を通じ、同窓会活動を支援する。
  • 支部を代表する場合は、その活動を通じ、同窓会活動を支援する。
監事の役割
  • 同窓会の財務・会計を含む諸活動を監査する。
各部活動
  • 各理事・評議員はそれぞれの担当に分かれて活動を企画・運営しています。
    • 大学・募金部担当(大学との連携・協力、募金目的のイベント企画・運営)
    • 財務部担当(同窓会基金などの管理運用、奨学金)
    • 事業部担当 (同窓生向けサービス・同窓会グッズ)
    • 組織部担当(同窓会の組織化推進)
    • 総務部担当(定款・規則の整備、総会運営)
    • 広報部担当(会報の発行・ウェブサイトの運営)
    • 学生部担当(学生に対する支援)
    • IT部担当(IT関連の管理/運用)
年間の主な活動
  • 3月 総会・DAY賞表彰式・卒業50周年記念式典(2021年度は2022/3/26に開催予定)
  • 6月 全体会(改選の年のみ開催。新旧評議員・理事・監事対象)2020年度につきましては、開催を見合わせました。
  • 9月 評議員会(金曜夜・都内、または土曜日・学内)
  • 10月(または11月)ICU祭同窓会企画
  • 2月 評議員会(金曜夜・都内または土曜日・学内)
  • 日程未定:ホームカミング(大学共催)、ICU同窓会リベラルアーツ公開講座、未来予想ZOO(2020年度・2021年度の開催については見送り)、キャリア相談会、Online Alumni House
  • このほか、各部会、イベント実施に向けた会合などが必要に応じ開催されます。

候補者推薦は締め切りました
推薦期限:2021年11月18日(木)
推薦を行えるのは、同窓会正会員に限ります